太田あきひろです。

 20日の日曜日、長野県上田市に行き、諸会合に出席し、多くの方と懇談をしました。市内での活性化への努力、雇用や年金への切実な声、菅平では「雪は多いし、菅平の雪質はいい。しかし、全体的に若者のスキー人口が減っている」との声や、「レタス中心の高原野菜はおいしい。最近は温暖化を感じる。その土地の温度は高原野菜の生産と密接に関係している」とし、さまざまな工夫をしていること、また農業に希望がもてるように耕作地をふやしたり、品種の改良に取り組んでいること等々――現場の必死の声を聞きました。「野菜を育てることは俺らにとってああ芽が出た。ああ育ってきた。かわいいし、子育てと同じだ」と、一気に話してくれました。話はTPPにも及び、地域から現場から日本を考える――大切な声を聞く懇談ができました。

 

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ