20110221-book.JPG  「新 興国が動かす世界経済の新ルール」と副題にあり、世界をめぐる4000兆円の「ホームレスマネー」が今、大挙して新興国(「BRICS」だけでなく 「VITAMIN」の時代)へと向かっている。大前さんのいうVITAMINとは、ヴェトナム、インドネシア、タイとトルコのT、アルゼンチンと南アフリ カのA、メキシコ、イランとイラク、そしてナイジェリアだ。とくにインドネシアやトルコを紹介している

  成熟経済では金利を下げて資金供給しても、経済自体が資金を必要としてないからそれを吸収しない。少子高齢化した先進国で、活性化した経済が持続することはない。だから金融緩和も財政出動も効果は出ない。

  大 前さんは怒り、あきれて、それでも数多くの提言をする。「内向き、下向き、うしろ向き」の三拍子を捨てて、「外向き、上向き、前向き」に進め。国債暴落の 危機が迫っているではないか。日本にはそれでも1400兆円もの個人金融資産が手つかずで眠っているではないか。これが吹き飛ぶ前に、税金ではなくこの 1400兆円と世界にあふれる4000兆円のホームレス・マネーを使って経済を活性化する仕掛けをつくれ。しかも円高で、技術もあり、発展させた経験も使 えるではないか。世界に向けて、そして国内でも新しい都市そのものをつくり出すなど、投資家にとって無視できないほど魅力的な開発プランを発信せよ。きわ めて具体的。分析や論議ではなくもう動かなくてはだめだと言っている。



プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ