成人式240109-1HP.JPG太田あきひろです。

今日9日は成人の日。地元の北区・足立区では記念式典が行われ、若者が集いました。「オー、太田さん」などと声をかけられました。街頭演説も行いました。

新成人は毎年少なくなり、今年は約120万人。バブル崩壊後に生まれ育ち、好景気知らず、デフレ下の若者です。就職氷河期もあり、とくに雇用の不安定さが若者を苦しめています。「逃げる中高年、静かな若者たち」「柔順で真面目な若者たち」といわれますが、少子高齢社会と世代間格差はこれから更に大きな問題となります。

なんといっても1番の問題は雇用。次の日本を担うのは若者です。活躍していける状況づくり。「就活も雇用も、留学も、文化・スポーツも、あらゆる面で応援しよう。公明党は若者支援党だ」と訴えました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ