太田あきひろです。

3月1日より1週間、春の火災予防運動が行われています。2日に行われた地元のシニアクラブの大会にも、消防署が協賛。「地域での火災予防の相談」「住宅用火災警報器の促進」などのほか、首都直下地震に備えて「家具の転倒防止」「高層マンションでの長周期地震動への対応(冷蔵庫やコピー機などが横にすべり凶器となる)」「助け合う地域の絆」などの大切さが訴えられました。常日頃からの備えが最も大切です。

私はこのたび発足した党の首都直下地震対策本部の総合本部長になりましたが、地域の安全・安心、防災対策に全力をあげます。しっかり頑張ります。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ