復興加速化0201 HP.jpg
今年を被災地の復興加速を実感できる年に――2月1日、仙台市に行き、「復興加速化会議」を行いました。昨年の3月、10月に続き3回目です。村井嘉浩宮城県知事、奥山恵美子仙台市長のほか岩手県、福島県の代表者、地元の建設業団体、住宅や生コン関係団体の代表者から、資材・人材の確保等について直接現場の状況を聞き、対策を協議しました。

「昨年4月に続いて2月1日から労務単価を再引上げするなどスピーディーに対応いただき、ありがたい」「入札不調はあるが、再発注によりほぼ契約できている。基本的に積み残しはない」「今年、国と県の生コンプラントが設置されるのでメドが立つ」「資材や人員は工夫してやりくりしている。適切な価格を設定してほしい」「発注時期の平準化や工期の弾力化もお願いしたい」など意見が続きました。

それを受けて私は、被災地の間接工事費の割増し補正、資材の高騰に対応した増額請求手続きの簡素化、少ない技能労働者で施工可能な二次製品の活用について、速やかに実施することを示しました。

現場の自治体や業界では、知恵と工夫を重ねながら努力しています。今後も現場の実態をきめ細かく把握し、国・自治体・業界の連携をさらに綿密にして対策を打っていきます。

復興の加速を目に見える形で実感していただけるよう、頑張ります。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ