水害サミット.jpg
6月3日、都内で開催された「第10回水害サミット」に参加しました。


この会議は、大きな水害を経験した市町村長が毎年集まり、自らの経験を通じて得た教訓を議論して、今後の防災・減災に役立てることを目的としたもので、今年で10回目。貴重な経験に基づく実践的な議論が10年にわたって継続していることは大変有意義です。私は昨年に続き2度目の参加ですが、國定勇人・新潟県三条市長、中貝宗治・兵庫県豊岡市長、西田健・和歌山県紀宝町長、佐藤義興・熊本県阿蘇市長など16名の首長さんたちが集まり、熱心な議論が展開されました。


今年の3月には、これまでの成果が「防災・減災・復旧 被災地からおくるノウハウ集」として本にまとめられました。その冒頭には災害時にトップがなすべきこととして11項目が集約されており、私は「全ての市町村長が必読すべき内容だ」と述べました。


・「命を守る」ということを最優先し、避難勧告を躊躇してはならない


・判断の遅れは命取りになる。トップの決断を早くすること


・人は逃げないものであるということを知っておくこと


・大量のゴミ対策を


など、ギリギリの場面でどう住民に危機を伝え的確な指示を出すか、現場で悩み苦しんで得た珠玉のノウハウ集です。

 
九州、四国など西日本は既に梅雨に入り、出水期を迎えています。昨年は気象庁の特別警報が始まり、今年はタイムライン(台風上陸前の時間軸に沿った防災行動計画)を策定するなど新たな取り組みが進んでいますが、水害サミットの教訓を今後の防災対策にしっかり活かしていきます。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ