祈りの幕が下りる時.jpg
東京の下町のアパートで発見された遺体。その借り主は行方不明。近くの河川敷で発見された浮浪者の焼死体。そして加賀恭一郎の母親の失踪と死の真実。明治座で夢を実現させた女性演出家・・・・。何のつながりもないような人間関係を丁寧に調べ上げていく加賀や松宮たち。


「悲劇なんかじゃない  これがわたしの人生」「極限までに追いつめられた時、人は何を思うのか」――親と子、とくに父と娘。追いつめられれば追いつめられるほど、守り抜くものが凝縮されていく。さすがと思わせる作品。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ