このほど、福島県相馬市の立谷秀清市長から、ビデオメッセージが届きました。
相馬市の復興への歩みと、これまでの私との連携についての報告です。

震災のその日に、奇跡的に立谷市長と電話がつながったこと、2011年3月26日に、ガソリンがないときに相馬市に行ったこと、仮設住宅の"孤独"対策を行ったこと、復興につき連携を取りながらやってきたこと。

そして、国土交通大臣になってから、災害公営住宅の第一号が完成した時に行ったこと等が語られています。

また、念願の常磐道が来月には相馬から北の部分が全通するということにもなります。東北の復興に更に全力を尽くしたいと決意しました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ