IMG_4050.JPG「子どもの貧困の連鎖をなくせ」―――。10月30日、子供の貧困問題を最も真剣に取り組んでいる足立区を公明党の女性委員会とともに訪れ、実状の視察を行いました。

足立区は、給食費等を補助する就学援助を受ける小中学生が約36% (2014年)で、ある学校では学年の7割が補助を受けているという実態があります。

そこで、足立区は子どもが生まれてからでは遅いとの考えから、貧困対策に総合的に取り組む専門の部署を設けて、貧困の早期相談、早期支援に力を入れています。取り組みとしては、妊婦が母子手帳を受け取る際に提出する「妊娠届出書」で情報を集め、将来1人親世帯になりリスクがでる可能性がある場合には孤立しないように必要な支援を考えています。

また、区立小学校1年生の子を持つ全世帯を対象に、保護者の学歴や収入、勤務形態、公共料金の支払い状況等の経済状況のほか、子供の虫歯の有無、起床時間、朝食を食べるかどうかなどの生活状況の調査を行っています。全国でも先駆的な取り組みです。

子どもの貧困の連鎖を食い止めるため、しっかり取り組みます。

その後、2005年3月15日に4人の死傷者を出した竹ノ塚駅の高架化事業の視察を行いました。

IMG_4058.JPG急ピッチの工事が行われおり、ついに新しい高架の線路がまず1本、できあがりつつあります。来年前半に完成する予定です。近隣の方から、「工事が進展していて嬉しい」「毎日のように眺めている」等のお声をいただきました。

私は、踏切事故が発生した翌日の内閣委員会で即座に質問し、同日、事故発生時刻と同じ時刻に竹ノ塚駅踏切を視察。従来の制度では高架にできないといわれていましたが、いくつかの難問を打開して、区施工という新しいやり方で推進したものです。いよいよ工事はヤマ場にさしかかりますが、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに完成させるべく頑張ります。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ