公明党福島県 280226.jpg26日、福島市で行われた公明党福島県本部(代表=甚野源次郎元県議)の新春政経セミナーに出席、挨拶をしました。これには若松謙維参院議員(県本部議長)、真山裕一衆院議員のほか内堀雅雄福島県知事など多数の来賓が出席。7月の参議員選挙のスタートとなる会合となりました。

私はこれまでも福島の復興に向けて、災害公営住宅の整備、国道6号線の復旧や相馬福島道路の整備、常磐自動車道の前倒し開通など公共のインフラ整備に取り組んできました。

東日本大震災から今年で5年となります。何よりも福島の復興が大事です。4月から復興は新たなステージに移ります。5年間の「集中復興期間」が終了し、28年度から「復興・創生期間(32年度まで)」が始まります。その間の復興事業費6.5兆円に見合う財源も確保されます。そして次の5年の復興の基本指針もつくられ、「総仕上げ」に向けてステージが始まります。大事な大事なスタートが今です。被災者支援とともに避難の長期化により体と心の健康への支援、産業・なりわいの再生が重要となっています。 とくに原発問題を抱える福島では格段の支援が重要です。

また観光にも力を入れなければなりません。遅れている東北の観光を加速化させることも今年の重要課題です。福島には果物をはじめ農産物がきわめて豊富です。観光の三大要素「観るもの」「食べもの」「買いもの」が福島にはすべてあります。この5年間の努力してきたことが実感出来る5年にしなければなりません。セミナーでは多くの参加者と懇談しました。しっかり頑張ります。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ