防災訓練0904①.jpg 防災訓練 0904⑤.jpg

「自分の身を守り、地域で支え合う」――。9月4日、地域では各町会・自治会や連合町会単位で防災訓練が行われました。行政側や消防・消防団、学校関係者等、多くの方々の協力を得て、地域の実情に合わせての訓練となりました。私も早朝より回りました。

昨今の台風被害を見ても「異常気象」「突然の増水」「避難指示等の遅れ」「中山間地での増水と流木等の被害増」「早めの避難の必要性」「防災意識を常時高めること」など、多くの教訓があります。ハード対策の大事さとともに、地勢に応じてのソフト対策が大事です。タイムラインや行政連携の体制も急がねばなりません。

大事な防災訓練が行われたと思います。

防災訓練 0904④.jpg


陸王.jpg

埼玉県行田市にある100年続く老舗・足袋業者の「こはぜ屋」。足袋業がジリ貧であることは明白。社長の宮沢は、足袋作りのノウハウを生かしたランニング・シューズの開発に乗り出す。

中小企業の脆弱性、資金難、妨害・・・・・・。苦難の連続だが、仲間の強い結び付きで乗り越えていく。

社長の宮沢を支える社員の安田、あけみ、富久子。新しいソールのシルクレイ製造に人生をかけたシルクール元社長の飯山、シューズマイスターの村野、銀行の融資担当であった坂本。抵抗する経理担当の富島玄三もいい。長男の宮沢大地、長距離選手・茂木裕人も真っすぐ。「企業は人」「人は覚悟」「企業はチームワーク」が貫徹されて心持よい。

「茂木にはわかったことがある。自分は人気取りや世の中からの賞賛を得るために走っているのではないということだ。自分が走るのは、自分にとってそれが人生そのものだからだ。そして何より、――走るのが好きだから」「勝つために走る」――。苦難を乗り越え登場人物が皆強くなっていく。苦難にあうごとに覚悟が堅固になる。「波浪は障害に遭うごとにその頑固の度を増す」――。

<<前の5件

  • 1  2  3  4

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ