オペレーションZ  真山仁著  新潮社.jpg「日本という国家の財政破綻の時限装置はカウントダウンを刻み始めている」――。それを命がけで止める。総理・江島隆盛、財務省の周防、中小路、土岐、根来らが、特命チームをつくって動く。オペレーションZだ。

非常識で野蛮な革命、過去に例を見ない歳出削減を再来年度予算で断行する。再来年度の一般会計予算を今年度の半分、すなわち50兆円とすることを閣議決定する。社会保障関係費と地方交付税交付金を限りなくゼロにする。そしてそれとともに、歳入の方も常識破りの増税案。当然にして「不可能」「正気の沙汰ではない」「弱者"切り捨て"だ」「今日の2人を救えない国に、5年後の500万人を救えるのか」・・・・・・。非難轟々、内閣不信任案、総選挙にまで突入する。「国家が破綻する」とはどういうことかを最後に突きつける。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ