20190604_013754.jpg

6月3日、愛知県新城市で行われた「衆議院議員 今枝宗一郎後援会総会」に出席し、挨拶をしました。これには、今枝宗一郎・衆院議員、安江のぶお・参院選愛知選挙区予定候補(自民党推薦)、穂積亮次・新城市長、伊藤渉・衆院議員、自民党の愛知県議・市議、新城市の有力者らが出席しました。

私は「日本のほぼ中心地に位置する三河地方、とりわけ新城市は、三遠南信道路、新東名高速道路など、道路インフラが整備され、農業・林業など従来の中心産業と一体となって、益々発展していくことが期待されている。私自身も尽力していく決意だ」「不安定化する国際情勢のもと、各国が自国優先主義に傾くなか、自公政権による政治の舵取りにより、日本を世界的に重要なポジションに押し上げている」「全世代型社会保障が今や国政の柱になっており、なかでも、幼児教育・高校授業料・高等教育の無償化が実現。さらに、最低賃金を上げるなど、給料がいい、休暇がある、希望がある、の新しい3Kの職場社会をつくっていくことが大事」などと訴えました。

安江のぶお候補は「これまでも弁護士として取り組んできた経験を、今度は政治家として、生活者、中小企業に寄り添った政策を、愛知県のために実現していきたい」と決意を述べました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。前国土交通大臣、前水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ