20190720102107.jpg

参議院選挙最終盤の19日(金)、大阪へ行き、緊迫している杉ひさたけ候補(大阪選挙区・定数4)の街頭演説に駆けつけました。小雨が時おり降るなかでしたが、多くの方に声援をいただきました。

杉ひさたけ候補は「国の予算の使い道を再点検して、2015年から3年続けて1000億円のムダを削減してきた」「軽減税率導入に向けた議論で、懸念や問題点をひとつひとつ解決して、軽減税率の制度設計をリードしてきた」「大阪が主役の時代へと改革の先頭で仕事をさせてください」と力強い勝利への決意を述べました。

私は「この選挙は仕事をする政治家を選ばないといけない」「仕事師の集団が公明党だ。仕事ができる、杉ひさたけ候補に更なるご支援をいただきたい」と訴えました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ