新型コロナウィルスの感染拡大が続き、拡大阻止の重要な局面です。

コロナ禍で、「企業・事業主への支援」「家計支援」策として、雇用調整助成金の引き上げなどを行ってきましたが、9月30日までが対象期間となっている制度があり、延長が必要です。

具体的には、①雇用調整助成金の特例(休業手当を支給した企業への1日最大1万5千円の支援金)②休業支援金(休業手当が支給されない中小企業労働者への支援金)③緊急小口資金(生計維持のための生活費として、20万円無利子貸付、返済2年)④総合支援資金(失業等により日常生活全般に困難を抱えている方を対象。最大60万円無利子貸付、返済10年)――などです。

これらについて党としても、31日、厚生労働部会(部会長=高木美智代衆院議員)が加藤勝信厚労相に申し入れを行うなど、働きかけを行っています。

967580.jpg

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ