11日、コロナ禍の緊急事態宣言のなかで成人の日を迎えました。地元の北区、足立区、豊島区、板橋区の4区とも成人式を中止としました。初めてのことです。各区とも「人生で1度の成人式、祝って激励したい」とビデオメッセージだけでなく、工夫しています。

全国で新成人は124万人。外国人も多く、北区では新成人2963人中、外国人は559人。足立区では6821人中、外国人は498人。豊島区では2686人中、外国人は867人。コロナ禍で心がけてきたのは、20歳前後の若者の雇用不安への対処と生活支援です。働く若者、学生、外国人(留学生)を支援し、「希望」がもてる門出にしなければならないと強く思っています。若い人は、「それは無理」とよく言いますが「Impossible」ではなく、「I'm possible」で頑張ろうと呼び掛けたい。人生では「前向き」な姿勢、一念が大事だと思います。

あらためて、成人おめでとうございます。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ