居眠り般音(44)決定版 湯島ノ罠.jpg直心影流尚武館坂崎道場は改築の最中。坂崎磐音は木挽町にあった江戸起倒流の鈴木清兵衛を打ち破る。「坂崎磐音、予は迂闊にも江戸起倒流の背後に老中・田中意次、意知父子があることを知らなんだ」と、訪ねてきた白河藩主・松平定信がいい、竹刀を交える。定信は田沼意次の政治手法を「賄賂政治」と批判し、意次によって白河藩へと遠ざけられていた。読売屋の和蔵が来て、「佐野善左衛門政言が、田沼父子を告発する闇読売をばら撒こうとしている」という。佐野の暴発を心配した磐音は、毒矢から回復した忍びの霧子と密偵の弥助を岩槻宿に向かわせる。幕政中枢の老中・若年寄の田沼父子に対し、徳川家基、佐々木玲圓、おえいの仇を己の手で決したいと思っている磐音。そんな時、佐々木道場からの住み込みの門弟・松平辰平が失踪する。「こたびの一件はいよいよ田沼父子がなりふりかまわず牙を剥き出しにした結果と思える。倅の田沼意知様を己の跡継ぎにするために、尚武館を消滅させる決意をしたのだ」と、南町奉行所の笹塚孫一、木下一郎太が語る。磐音らが辰平の救出に動く。後に「瓦版」という名称になる「読売」(江戸のゴシップ誌)が、あたかも現代のように江戸の権力攻防に影響を与える。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ