keinojikyoku.jpg 1057178.jpg

22日(土)、荒川区で行われた時局講演会に、けいの信一都議(都議選予定候補=荒川区)と共に出席。また、北区で行われた時局講演会には、大松あきら都議(都議選予定候補=北区)と共に出席しました。

慶野都議は、要介護の高齢者らの自宅へ医師や看護師が直接訪問する「ドクタータクシー」(仮称)の導入の実現、公園等を利用した保育所の設置などで待機児童がゼロになったこと、さらに隅田川の堤防強化や河川監視カメラの設置など、豊富な実績を語りました。

大松都議は、ワクチン接種を円滑に進めるため、要介護者らの移動をタクシーで無料送迎する支援事業を実現したことや、石神井川、新河岸川の水害対策が進んだこと等を話し、勝利への決意を述べました。

私は、「政治家は仕事ができるかどうかだ。政治は結果である」「政策の実現には時間と熱量がいる。"氷山の一角"と言うように、一つの政策を実現するためには、見えないところでの長年にわたる意見聴取・打ち合わせ、行政や関係者との折衝、裏付けとしての予算獲得等が不可欠である」「政府を動かし、総理を動かし、知事を動かす、熱意と行動と力が大事だ」と訴え、「政策実現政党 公明党」の時間をかけたスピード感のある戦いと熱意、そしてネットワークの力があって政策実現ができていることを、けいの都議、大松都議の具体例に即して語りました。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ