足立凧まつり①1004.JPG   北区民まつり③1004.jpg

10月4日、5日の土日。地域では「実りの秋」「スポーツの秋」のスタートとなる「足立凧まつり」「ふるさと北区区民まつり」「北足立市場まつり」「地元にある大相撲境川部屋・豪栄道の大関昇進披露祝賀会」などの行事が行われました。


台風が接近し、関係機関と連携を取りながらの天候でしたが、地域行事には子ども連れの多くの方々が集いました。足立凧まつりでは、親子での凧あげに笑顔があふれ、「区民まつり」などでは、東北や伊豆諸島などからの出展もあり、大変に賑わいをみせました。


多くの懇談をしましたが、いずれも「災害」の話。防災・減災はきわめて重要。頑張ります。

北足立市場①1005.JPG   豪栄道②1005.JPG


荒神.jpg

時は綱吉の時代。東北の小藩・香山藩とその主藩・永津野藩の確執のさなか、山が動き、村を壊滅させるとてつもない怪物が現われる。この怪物は何故生まれ、何故今、襲いかかるのか。そこには過去の怨念、人間の業、そして"永津野竜崎氏の捨て石"とされた香山藩自体の宿業があり、お家騒動も加わる。


権勢を誇る曽谷弾正、その妹の心優しき朱音、居候する用心棒・榊田宗栄、香山藩御館町の小日向直弥、壊滅する仁谷村の蓑吉や鉄砲撃ちの源一、絵師の菊地圓秀・・・・・・。


「お山ががんずいとる」――山は飢え、怒っている。それが基調音として恐怖が響く。

<<前の5件

  • 1  2  3  4

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ