最新情報一覧NEWS

解消へ工事進む開かずの踏切

2015年10月31日

公明新聞 竹ノ塚.jpg東京・足立区で太田議長ら  竹ノ塚駅付近の高架化を視察

公明党全国議員団会議の太田昭宏議長は30日、東京都足立区の東武伊勢崎線・竹ノ塚駅付近で進められている鉄道の高架化工事を視察した。都議、区議が同行した。

同駅付近にある踏切は、ピーク時の遮断時間が1時間当たり約57分の"開かずの踏切"で、2005年3月には、この踏切に進入した歩行者が電車にはねられて死亡する事故が発生。翌日、太田議長(当時は幹事長代行)らが現場に急行し、再発防止策や、鉄道の高架化による踏切自体の撤去を粘り強く訴えてきた。

その結果、事故発生から異例の早さで、駅付近の約1.7キロ区間における連続立体交差事業に着手。20年度末の完成に向けて急ピッチで工事が進んでいる。

この日、太田議長らは事故が発生した踏切をあらためて調査した後、建設が進む下り急行線の高架橋を視察。区鉄道立体推進室によると年内には高架橋本体が完成し、来年度の早い時期に運行が始まるという。周辺住民は「開通が楽しみだ」と笑顔を見せていた。

視察後、太田議長は「高架化によって、開かずの踏切が解消されるだけでなく、まち全体の活性化にもつながる」として、「今後も地域の声を聞きながら、全国各地で踏切の安全対策や住民の利便性向上に努力していく」と述べた。

渋滞解消で経済後押し

2015年10月 7日

太田国交相 国道8号やICなど視察
滋賀県

太田昭宏国土交通相(公明党)はこのほど、滋賀県を訪れ、栗東市や愛荘町などで国道1号、8号の慢性的な渋滞状況を視察したほか、多賀町の「多賀サービスエリア」では、ETC(自動料金収受システム)を搭載した車のみが利用できるスマートインターチェンジ(IC)整備の要望を受けた。各国道沿線地域の公明市議も参加した。


愛荘町では、国道8号と主要県道が交わる御幸橋北交差点の状況を確認。現場は県道側に近江鉄道の踏切があり、特に通勤時間帯の渋滞に悩まされている。地元首長らによると、この地域では「大渋滞を見て企業が進出を断念するケースもある」という。


栗東市では、野洲栗東バイパスと国道8号の接続地点を視察。ここは国道1号と8号が合流し、さらに名神高速道路の栗東第二ICも接続している"交通過密地帯"で、地元関係者からは「国道1号、8号は片側1車線が多く渋滞の原因になっている」「工業団地のトラックの出入りが多い。その物流に支障がある」などの声が寄せられた。


太田国交相は「滋賀には全国の中でも活発に工場などが立地していることを実感できた。渋滞解消で新しい工場ができるなどのストック効果も期待できる。経済成長のポテンシャルを引き出せるよう対策に努力したい」と応じていた。


これに先立ち、太田国交相は彦根市の彦根地方気象台などを訪問し、公明党の粉川清美、中村才次郎の両県議らと視察した。

訪日外国人の勢い加速

2015年10月 3日

国重とおる①.jpg太田国交相 国重氏の会合で訴え


太田昭宏国土交通相(公明党)は2日、大阪市内で開かれた公明党の国重徹衆院議員の「明日の日本をつくる会」に出席し、あいさつした。太田国交相は、日本を訪れる外国人観光客の急速な増加傾向に触れ、「外国の客をどう迎えるかという戦略性が重要」と強調。関西圏における高速道路網の拡充など、観光振興につながるインフラ整備に取り組む考えを示した。


また、近年各地で相次いだ豪雨災害に関して「雨の降り方が非常に集中化、局地化している」と指摘し、淀川流域における治水対策強化の重要性を訴えた。


国重氏は児童虐待対策や夜間中学拡充などの実績を紹介し、「政治の光を一番必要とする人たちに温かい希望の光を届けていく」と決意を語った。

鈴鹿亀山道路の実現で要望

2015年10月 3日

太田国交相に「整備を進める会」


太田昭宏国土交通相(公明党)は1日、国交省で「新名神と鈴鹿亀山地域の幹線道路整備を進める会」の田中彩子会長らから、三重県の地域高規格道路「鈴鹿亀山道路」の実現に関する要望を受けた。公明党の中川康洋衆院議員が同席した。


席上、田中会長らは、新名神高速道路と一体的に機能する鈴鹿亀山道路の都市計画決定に向けた協力や、十分な道路整備財源の確保を要請。太田国交相は、経済成長を促進するストック効果は高いとして、「地元の強い要望を受け止める」と述べた。

生活支える浄化槽普及促進さらに

2015年10月 2日

関係団体の会合で


公明党の山口那津男代表は1日、都内で開かれた第29回全国浄化槽大会の懇親会に出席し、あいさつするとともに、大会の幹事団体である全国浄化槽団体連合会の上山健治郎会長らと懇談した。


山口代表は、公明党が誇る国会議員と地方議員のネットワークの力を生かして、「各地で浄化槽の普及促進などに全力で頑張っていく」と強調。太田昭宏国土交通相(公明党)は、生活環境の保全を支える浄化槽の役割の重要性を訴えた。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る