最新情報一覧NEWS

老朽インフラ対策が始動/来春までに総点検

2013年4月29日

国交省 維持管理・更新の工程表

公明党が掲げる「防災・減災ニューディール」の考え方が2012年度補正予算と13年度予算案に反映され、インフラ(社会資本)の老朽化対策が前進しています。太田昭宏国土交通相(公明党)を議長とする国交省の「社会資本の老朽化対策会議」が3月21日にまとめた工程表によれば、今年を「メンテナンス元年」と位置付け、来年3月末までに道路や下水道、鉄道、港湾などの総点検を完了させることとしています。

    ◇

総点検は、中央自動車道・笹子トンネルで昨年12月に発生した天井板崩落事故などの教訓を踏まえ、道路や新幹線のトンネルを中心とした緊急点検と緊急修繕を今年6月末ごろまでに完了。さらに、道路の橋や舗装、のり面のほか、鉄道の橋、空港の滑走路、設置後50年以上を経過した下水道管などを対象に、損傷した場合の被害の大きさや築年数を考慮し、優先度の高い施設から総点検と修繕を来年3月末までに実施します。河川やダムに関しては、梅雨で水量が増える今年6月末ごろまでに点検を終える見通しです。

これらの総点検の結果を踏まえ、インフラの効率的な維持管理・更新システムを確立する取り組みも同時に進めます。施設の管理者ごとにバラバラな技術基準や点検マニュアルを統一するほか、インフラ施設の情報をデータベース化し、新しい点検技術の導入も促進。施設の損傷が少ないうちに修繕を重ねてコストを縮減する「長寿命化計画」の策定推進などを通じ、2015年度以降、インフラの維持管理・更新の本格体制に移行する予定です。

太田昭宏国土交通相が講演(要旨)

2013年4月28日

防災・減災対策に全力
構造物の老朽化防ぐ公共事業へ


太田昭宏国土交通相(公明党)は3月23日、広島市内で開かれた党広島県本部の「広島公友会」の会合で講演し、国の防災・減災対策や公共事業の在り方などについて大要、次のように語った。

一、日本は今、防災・減災、橋やトンネルなどの老朽化対策、耐震化が逼迫した状況で、土俵際まで追い詰められている。この土壇場から押し返す思いで日本を再生させなければならないという危機感を公明党は持っている。「公共事業はバラマキ」という人がいるが、状況はそんな甘いものではない。

一、日本は大変な地震の活動期に入っている。東日本大震災以降、首都直下地震や、東海・東南海・南海に日向灘を加えた4連動地震など、大地震を意識せざるを得なくなった。それに対する構えをどうするのか。

    また、アメリカでは、1930年代に造られた橋や道路が、50年後の80年代に陥没するなどの事故が相次いだ。昨年12月、笹子トンネル事故で9人の尊い命が失われたが、高度成長期に高速道路が開通してから50年以上が経過し、構造物のメンテナンス、補修・修繕が極めて大事になっている。例えば日本の橋梁は、60年代から急速にできはじめ、70年代にピークを迎えたが、高度成長期から50年がたち、多くが老朽化でメンテナンスを必要とする時期に来ている。

工務店へ説明徹底を

2013年4月26日

神奈川県本部0426.jpg太田国交相に要望 住宅用サッシ認定で

公明党神奈川県本部(上田勇代表=衆院議員)と同本部の「3.11を忘れない防災・減災プロジェクト」は25日、国土交通省で太田昭宏国交相(公明党)に住宅用防火サッシの大臣認定に関する申し入れを行った。

公明党の松あきら副代表と同プロジェクトの佐々木さやか事務局長(参院選予定候補=神奈川選挙区)らが同行した。

佐々木さんらは、防火サッシのうちアルミ樹脂複合窓について、サッシメーカーの業界団体が一括取得する通則認定から各社ごとの個別認定に移行し、「流通段階で製品不足などの混乱が生じている」と指摘。工務店などに対する丁寧な説明や必要な情報提供などを求めた。太田国交相は、要望に沿って対応する考えを示した。

米ハリケーン/調査団が太田国交相に中間報告

2013年4月25日

太田昭宏国土交通相(公明党)は24日、国交省で、昨年に米国ニューヨーク都市圏などで大規模水害を引き起こしたハリケーン「サンディ」について、現地調査団の中間報告を受けた。

国交省や防災関連学会などからなる調査団は、米国では平常時からの災害対応プログラム策定など、ソフト対策が充実していた半面、浸水などに備えたハード対策が不十分だった点を指摘した。太田国交相は「関係省庁と連携し、今後の対策に生かす」と語った。  


横綱・白鵬関と太田国交相が対談

2013年4月24日

白鵬0424.jpg風評被害を吹っ飛ばせ!

太田昭宏国土交通相(公明党)はこのほど、横綱・白鵬関と東京都内で会い、東日本大震災からの復興や福島の再生に懸ける思いについて、熱く語り合いました【写真】。

対談では、白鵬関が土俵再建などを通して被災地の子どもたちを励まし続ける情熱を吐露。さらに、風評被害で苦しむ福島を応援するため、同県産米「天のつぶ」が大相撲初場所の優勝力士へ贈呈されたエピソードなども話題になり、それぞれの立場から「何としても復興を成し遂げる」との思いをぶつけ合いました。


※対談全文は、近く発売予定の単行本「『人間の復興』へ(2) 東日本大震災 公明党 新たな挑戦の記録」に「はっけよい! 福島 風評被害を吹っ飛ばせ」と題して収録します。ご期待ください。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る