最新情報一覧NEWS

航空機燃料譲与税で要望受ける

2013年5月30日

太田国交相

太田昭宏国土交通相(公明党)は29日、国交省で「全国民間空港関係市町村協議会」の藤原保幸会長(兵庫県伊丹市長)から、航空機燃料譲与税の維持・確保などについて要望を受けた。公明党の中野洋昌衆院議員が同席した。

同譲与税は、航空機燃料に掛かる税金の一部を、空港に関係している自治体に分配するもので、航空機の騒音対策などに使われる。

藤原氏は、航空機燃料の税額に変更があった場合でも現在と同程度の分配額が確保されるよう求めた。太田国交相は「実情は分かっている」と、理解を示した。

藤原氏は、大阪国際空港の活用に関しても要望を行った。

道路の陥没事故で地盤対策要望

2013年5月29日

太田国交相に岐阜県知事ら

太田昭宏国土交通相(公明党)は28日、国交省で岐阜県の古田肇知事と渡辺公夫・御嵩町長から、12日に町内で発生した亜炭(石炭の一種)廃坑の崩落による道路の陥没事故を受け、早急な地盤対策の実施などに関する要望を受けた。

これには公明党の伊藤渉衆院議員と大沢まり子・御嵩町議が同席した。

太田国交相は、現場の被害状況に対して認識を深めた上で「(対策の)検討を進める」と応じた。

太田国交相 優勝・白鵬に総理大臣杯

2013年5月27日

大相撲 公明新聞0527.jpg福島再生へ 知事賞副賞で県産米も
大相撲夏場所


26日に千秋楽を迎えた大相撲夏場所(東京・両国国技館)で、歴代最多となる10度目の全勝で幕内優勝した横綱・白鵬に、太田昭宏国土交通相(公明党)から内閣総理大臣杯が贈られた。

太田国交相と白鵬関の出会いは、東日本大震災からの復興や福島の再生に懸ける思いを熱く語り合った4月の対談から2度目。土俵上での再会となった。

また、白鵬関には、今年の初場所から新設された福島県知事賞の副賞として、佐藤雄平知事からオリジナル水稲品種「天のつぶ」1トンのほか、福島牛約10キロ、アスパラガスやキュウリなどの野菜約60キロが贈呈された。

同賞は、東電福島第1原発事故で風評被害が続く同県特産品の安全性や復興に歩む元気な姿を伝えたいと、県議会公明党が同賞創設と副賞の県産米贈呈を提案。太田国交相とも連携して実現した。県知事賞は、両国国技館で行う1月、5月、9月の各場所で2015年まで贈られる。

表彰式には、同賞創設の推進役を果たした党福島県本部の甚野源次郎代表(県議)が、JA福島中央会の長島俊一常務理事とともに参加、土俵下から贈呈の様子を見守った。

地域の防災力向上へ

2013年5月27日

水防演習 公明新聞0527.jpg太田国交相 水防演習に参加
福島市


太田昭宏国土交通相(公明党)は26日、福島市で開かれた地域の防災力向上を目的とした総合的な防災訓練「阿武隈川水防演習」に出席した。

同演習は、東北5県代表や阿武隈川流域23市町村の消防団員らが河川の氾濫などに備えた日頃の訓練の成果を競ったり、地域住民と協力した震災避難訓練を行うもので、約3000人が参加した。

太田国交相は「水害に対して昼夜を分かたず、一丸となって水防活動を実施していることに敬意を表する」と消防団員を激励。

その後は、土のうを使って浸水被害を防ぐ訓練に汗を流したほか、マグニチュード(M)7.0の地震発生を想定した演習で、国交省東北地方整備局に指示を出すなどした。

公明が政治に安心感

2013年5月26日

福岡250526.jpg太田国交相、かわの氏ら
参院選の勝利へ決意
福岡市


太田昭宏国土交通相(公明党)は25日、福岡市内で開かれた党福岡県本部主催の政経セミナーに出席し、あいさつした。公明党の木庭健太郎参院幹事長、江田康幸、遠山清彦、濱地雅一の各衆院議員、かわの義博党青年局次長(参院選予定候補=比例区)も参加した。

席上、太田国交相は、自公政権が最優先課題に掲げる日本経済の再生について言及し、「金融政策や財政政策、成長戦略の"3本の矢"で取り組み、具体的な成果が出ている」と強調。また、「公明党が地域に根ざし、被災者に寄り添うという役割を果たすことで、国民に安心感が生まれている」と力説し、参院選勝利への絶大な支援を呼び掛けた。

かわの氏は、「九州・沖縄の発展と日本再建をめざし、全力で闘う」と決意を訴えた。

  • 1  2  3  4

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る