最新情報一覧NEWS

離島振興へ施策探る

2015年6月28日

八丈島 公明0628.jpg

太田国交相 東京・八丈島を視察


太田昭宏国土交通相(公明党)は27日、離島振興に向けた施策を探るため、東京・伊豆諸島の八丈島(八丈町)を訪れ、山下奉也町長らと意見を交わすとともに、島内を視察した。これには、竹谷とし子参院議員、水野佳子、山本忠志の両八丈町議が同行した。


意見交換の席上、山下町長は、人口減少や高齢化など離島が抱える深刻な問題を指摘。島の活性化に向け、「ヒト、モノ、カネを循環させることがカギ」と語った上で、最重要課題として八丈島と羽田空港を結ぶ航空路線の運賃引き下げを要望した。


これに対し、太田国交相は「事業者、東京都と連携した上で、さらなる引き下げへの検討を働き掛けたい」と述べた。


続いて一行は、島内で使う電力の25%を供給している地熱発電所や、地熱発電のPR施設・八丈島地熱館を視察。担当者は「日本で唯一、離島にある地熱発電所。八丈島は地熱を中心とした町づくりに力を注いでいる」と説明した。


このほか一行は、黒潮(日本海流)の影響を受けた八丈島の歴史や文化、自然、産業を伝える八丈島歴史民俗資料館などを見て回った。


視察を終え太田国交相は、観光立国・日本における離島の重要性を強調。「八丈島は地熱発電などの観光資源をうまく宣伝する必要がある」と述べ、さらなる島の活性化に取り組む考えを示した。

「そこが聞きたい[社会資本整備の将来像]」

2015年6月25日

270624.jpg

「選択と集中」の徹底を


国が担うべき「社会資本」が四つの危機に直面している。
①加速するインフラ老朽化②切迫する巨大地震、激甚化する気象災害③人口減少による地方の疲弊④空港・港湾機能など国際競争の激化ーだ。限りある予算の中、社会資本整備の将来像をいかに描くのか、太田昭宏・国土交通相に聞いた。

物流の成長産業化へ全力尽くす

2015年6月24日

連合会の懇親会で太田国交相ら


太田昭宏国土交通相(公明党)は23日、都内で開かれた一般社団法人・日本物流団体連合会(物流連、工藤泰三会長)の定時総会懇親会であいさつし、物流業界が果たす社会的な役割の大きさを強調する一方、若い人材の確保が課題となっていることから、「物流産業が成長産業になるよう力を尽くしていく」と訴えた。


懇親会には、公明党の山口那津男代表、井上義久幹事長らも出席し、工藤会長らと懇談した。

横須賀PAにスマートIC要望

2015年6月23日

横須賀PA 公明0623.jpg

市長が太田国交相に


太田昭宏国土交通相(公明党)は22日、国交省で、神奈川県横須賀市の吉田雄人市長から、同市と横浜市をつなぐ横浜横須賀道路にある「横須賀パーキングエリア(PA)」へのスマートインターチェンジ(スマートIC)設置を求める要望を受けた。公明党の古屋範子副代表、市議が同席した。


吉田市長は、今年4月に「観光立市推進条例」を施行し、観光振興に注力していることを強調。


要望に対して、太田国交相は検討する考えを示した。

北海道建設業協会などの要望受ける

2015年6月19日

太田国交相


太田昭宏国土交通相(公明党)は17日、国交省で北海道建設業協会(岩田圭剛会長)から、北海道開発事業予算に関する要望を受けた。党道本部の稲津久代表(衆院議員)らが同席した。


協会側は、地元の中小建設業者を守り、若手の人材を確保・育成するには公共投資が必要だとして、来年度当初予算での事業費確保や今年度補正予算の早期編成を訴えた。太田国交相は、北海道舗装事業協会(渡辺一郎会長)などから道路整備・維持補修の推進を求める要望も受けた上で「検討する」と応じた。

  • 1  2  3  4

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る