最新情報一覧NEWS

五輪へ練習環境を拡充

2019年7月27日

20190727_02.jpg

太田議長、岡本氏ら
NTC新施設の説明聞く

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長と岡本三成衆院議員は26日、東京五輪の開会式(2020年7月24日)まで1年を切る中、公明党が設置・拡充を推進してきた練習施設「味の素ナショナルトレーニングセンター」(NTC、東京都北区)を視察し、大会に向けた各競技の状況などについて関係者から説明を聞いた。高木美智代衆院議員、都議、区議も同行した。

同センターは、五輪競技とパラリンピック競技の選手が共同利用できる「拡充棟(仮称)」を整備し、9月に開所式を行う。同棟について職員は「(全ての人にとって使いやすい)さまざまなユニバーサルデザインを採用している」などと説明した。

太田、岡本両氏は「NTCによって各競技とも飛躍的にレベルアップしており、東京五輪での活躍を期待している。パラリンピック競技も強力に応援していく」と語った。

公明は大阪の"政治の柱"

2019年7月20日

01-3.png

太田議長 杉候補必勝へ呼び掛け

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は19日、大阪府八尾市で開かれた参院選大阪選挙区の杉ひさたけ候補(現)の街頭演説会に出席し、「大阪の政治の柱・公明党が勝つしかない」と絶大な支援を呼び掛けた。

太田議長は「政治家は結果を出せるかどうかだ」と述べ、国の予算のムダ削減や軽減税率の制度設計など「一つ一つ結果を出してきたのが杉候補だ」と強調。その一方、幼児教育・保育と高等教育の教育無償化2法への対応など「反対ばかりで実績もない共産党や立憲民主党に負けるわけにはいかない」と力説した。

杉候補は、2025年大阪・関西万博に向け「景気回復を実感し、希望をもてる大阪の実現へ改革の先頭に立つ」と力強く訴えた。

断じて激戦突破を!

2019年7月14日

01-2.png

高橋(兵庫)、しもの(福岡)候補必勝訴え
山口代表、太田議長

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は13日、福岡県太宰府市で開かれた参院選福岡選挙区のしもの六太候補(新、自民党推薦)の街頭演説会に出席し「教育立国の構築へ、しもの候補を国政に送り出してほしい」と訴えた。

太田議長は、公明党が健康寿命の延伸に向け、がん対策や認知症施策などに取り組んできたと強調。幼児教育・保育の無償化の実施にも言及し「福祉の党・公明党が全世代型の社会保障の実現を進めていく」と力説した。

しもの候補は「いじめや不登校など子どもを取り巻く問題の解決に挑む」と決意を述べた。

希望ある幸齢社会に

2019年7月13日

02-2-2-e1562996997219.jpg参院選候補の必勝訴え

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は12日、参院選兵庫選挙区の高橋みつお候補(新、自民党推薦)と共に兵庫県姫路市での個人演説会に出席し、必勝へ力強い支援を呼び掛けた。

太田議長は先の国会で公明党が主導し自公で「認知症基本法案」を提出するなど健康寿命の延伸に取り組んできたと強調。「公明がいるから安心と言われる政治をさらに進める」と訴えた。

高橋候補は外交官としてブラジルの福島県産食品に対する輸入規制解除に尽力したことに言及。「これまで培った交渉力と国際経験を生かし、世界に誇れる兵庫、日本を築く」と力説した。

小さな声 公明が実現

2019年7月12日

20190712_2_2.jpg参院選勝利へ 各候補の押し上げ強調

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は11日、参院選愛知選挙区の安江のぶお候補(新、自民党推薦)と共に豊川、蒲郡の両市で街頭演説を行った。

豊川市で太田議長は、10月から始まる幼児教育・保育の無償化など全世代型社会保障への転換を進めていることを強調。「公明党が連立政権の中で『大衆福祉の党』としての役割を担ってきた成果だ」と力説した。

安江候補は「児童虐待防止や教育格差の是正など、法律のはざまで苦しむ人の小さな声に寄り添う政治をめざす」と決意を述べた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る