最新情報一覧NEWS

奄美振興予算が拡充へ

2013年12月26日

交付金を新設、産業発展、雇用創出を後押し

24日に政府が閣議決定した2014年度予算案のうち、奄美群島振興開発関係予算は、来年の通常国会での奄美群島振興開発措置法(奄振法)の延長・改正を前提に、公共事業と非公共事業を合わせて対前年度比6%増の252億3100万円を盛り込んだ。

公共事業では、インフラ(社会資本)の整備を推進するため、奄美大島の拠点港・名瀬港や奄美空港の整備促進、徳之島や沖永良部島の国営かんがい排水事業などを盛り込んだ。一方、非公共事業では前年度比310%増の21億5100万円を計上。公明党の主張で「奄美群島振興交付金」(仮称)が創設され、奄美群島振興開発調査費などを除く21億3000万円を確保した。

同交付金は、奄美群島の不利な地理的条件などを克服するため、地域の裁量に基づき実施される産業振興と雇用創出の各施策に関し、ソフト面を中心に後押しするのが目的。

具体的には、農林水産物の販路拡大などに向け、輸送コストを支援。さらに、離島住民や旅行者の航路・航空路運賃を低減し、奄美群島と県本土との結び付きを強化する。2016年の世界自然遺産登録へ、東京など島外から航空路線を利用する旅行者を対象としたモニター事業への支援も行う。台風対策として整備した農業用の平張ハウスなどにも補助する。

公明党は、6月に「離島振興ビジョン2013」をまとめ、観光振興などに充てる交付金の創設を太田昭宏国土交通相(公明党)に申し入れていた。

北綾瀬駅の整備を要請

2013年12月22日

党足立総支部

公明党東京都本部足立総支部の友利春久、中山信行の両都議はこのほど、国土交通省を訪れ、太田昭宏国交相(公明党)に対し、東京メトロ千代田線・北綾瀬駅(足立区)の利便性などの向上に関する要望書を提出した。これには、前野和男、佐々木雅彦の両区議が同席した。

中山都議らは駅利用者の安全性や利便性の向上へ、改札口の増設や昇降口の新設、駅周辺の整備などを求めた。太田国交相は要望内容について理解を示した。

訪日外国人 初の1千万人

2013年12月21日

記念式典で太田国交相 積極的な文化発信実る

2013年に日本を訪れた外国人(推計値)が20日、政府目標の年間1000万人を初めて突破した。円安で訪日旅行が割安となり、所得水準が上がっている東南アジア向けの査証(ビザ)発給要件緩和や航空路線の拡充も追い風となった。

1000万人突破を受けて、同日夕、成田国際空港で記念セレモニーが盛大に行われ、太田昭宏国土交通相(公明党)があいさつ。「念願であった1000万人が達成できたことを大変うれしく思う」と述べ、これまでビザの緩和や日本文化の発信を積極的に行ってきた結果だと強調した。

また、2020年に開催が決定した東京オリンピック・パラリンピックに向けて、「さらに大勢の方に日本を訪れていただけるよう、しっかりと取り組んでいく」と語った。

セレモニーでは、1000万人目の訪日外国人となったタイ人夫妻に日本の伝統工芸品などの記念品が贈られた。

1000万人の政府目標は、小泉純一郎首相(当時)が03年に「観光立国」の実現に向けて掲げた。11年の東日本大震災などで訪日観光が冷え込み、「10年まで」としていた当初目標からは3年遅れた。今後は、富士山の世界遺産登録や東京五輪開催などを追い風に、官民一体で訪日客を増やし、「観光先進国」をめざすことになる。

高速料金見直しで要請受ける

2013年12月19日

太田国交相

太田昭宏国土交通相(公明党)は18日、国交省で公明党兵庫県議団から、2014年度予算編成に向けて公平な高速道路料金の実現などで要請を受けた。濱村進、中野洋昌両衆院議員が同席した。

県議団は、阪神圏の高速道路料金は複雑で割高感があると指摘。対距離制を基本とした一元的な料金体系を、17年度にも実現することなどを求めた。太田国交相は「総合的に判断し、料金体系を考えたい」と述べた。

また太田国交相は同日、兵庫県の阪急武庫川駅誘致推進協議会(松井祐一会長)から、新駅設置に関する要望も受けた。

ベビーカーマーク実現へ

2013年12月19日

来年3月に決定
子育てに優しい社会に
国交省

子育ての"バリアフリー"が前進――。国土交通省は18日、公共の場でのベビーカーの優先利用を促す全国統一の「ベビーカーマーク」を3案に絞り、来年3月に決定することを発表した。マークは決定後、全国の鉄道駅や車両内、公共施設などで使用される。

近年、子育て中の母親らの社会参加が進み、ベビーカーの利用者が増えた一方、周囲の無理解や施設整備などの遅れが指摘されていた。今回、全国統一のマーク作りとともに、利用時の共通ルールも決め、子育てに優しい社会づくりを進める。

この背景には、今年5月、公明党の山本香苗参院議員による参院予算委員会での、全国統一のマークやルール設定を求める訴えがあった。

さらに6月に山本さんは、子育て中の母親らと共に太田昭宏国交相(公明党)へ要望書を手渡しており、いずれも太田国交相が具体策を進めていくことを約していた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る