最新情報一覧NEWS

庶民の目線から日本再建

2012年2月20日

足立総支部.jpg公明党の太田あきひろ全国代表者会議議長(次期衆院選予定候補=東京12区)は19日、東京・足立区内で開かれた党足立総支部(友利春久総支部長=都議)の大会に出席し、次期衆院選勝利に向けて力強く決意を述べた。高木陽介党都本部代表(衆院議員)、高木美智代衆院議員のほか、近藤やよい区長ら多くの来賓が出席した。

太田議長は、円高や電力不足で庶民が苦しむ中、消費税増税に突き進む民主党政権を厳しく批判。「庶民の悲鳴が政府には全く届いていない。財政再建を増税先行で成し遂げた国はない」と訴えた。 また、公明党が津波防災地域づくり法の制定などを推進したことに言及。「公明党が動けば結果が出る。こういう闘いを今も全力で私自身やっている」とした上で、「本当に強い、庶民の側に立った政権を樹立し、日本を立て直さなければならない」と訴えた。

高木都本部代表は「防災・減災、デフレ脱却のための景気経済対策に全力で取り組む」と訴えた。


 

現場に希望をともす公明党

2012年2月14日

太田議長が新座市議選で訴え 

埼玉県新座市議選(定数26)が12日に告示され、公明党から7候補が出馬。現有議席の確保をめざし、必死の遊説を展開している。

公明党の太田昭宏全国代表者会議議長は12日、各候補の応援演説を行なった。太田議長は「現場に希望をともすことが議員の役割り。現場にはにおいがあり、空気があり、優先順位がある。困っている人の叫びを聞き、解決するのが公明党だ」と訴えた。

経済無策の民主政権

2012年2月10日

円高、デフレ対策など 現場主義で未来開く
BS番組で太田議長

公明党の太田昭宏全国代表者会議議長は9日午後、都内で行われたBS11の番組収録で、「今は、景気・経済の回復に力を注ぐことが大事だが、民主党政権は景気を後退させてきた」と強調した。

太田議長は、民主党政権に具体的な経済対策が欠けている実態を踏まえ、「民主党は景気(回復策)の方向性すらない中で、目の前の(消費)増税へ一直線になっている。方向性が間違っている」と指摘。さらに、発足当初は党内融和や野党への低姿勢を示していた野田政権が、消費増税を強行しようとしていることについて、「"八方美人"の政治が"八方ふさがり"となり、今度は一点突破しようと、増税という狭い道に入ってしまった」と批判した。

また、中小企業から円高対策やデフレ脱却を求める声が上がっているとして、「現場の声を聞き、政策を修正することが大事だ。現場に入り、新しい日本を切り開く処方箋を提示する政治をしなくてはならない」と訴えた。

 

ネットワーク公明

2012年2月 5日

浮間エステート240206.JPG団地内通路に照明設備を設置
東京・北区

北区浮間地区にある浮間3丁目エステート住宅内の通路3カ所に、このほど街路灯を補完する照明設備が設置された。

これらの場所には街路灯がなく、夜間は暗いため、団地住民から防犯上、不安を感じる声が上がっていた。

相談を受けた公明党の稲垣浩区議が、太田あきひろ全国代表者会議議長(次期衆院選予定候補=東京12区)と連携し、住宅を管理する独立行政法人・都市再生機構に早期改善を要望していた。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る