最新情報一覧NEWS

公園内保育所全国へ公明が法改正を推進

2017年4月30日

東京・荒川、品川、世田谷区など先進例

28日に改正都市緑地法などが成立したことで、全国の都市公園内に保育所の設置が進むとの期待が高まっている。

同改正法は、国家戦略特区だけに認められていた都市公園内への社会福祉施設設置を、公園を管理する自治体の認可を条件として、全国に適用する内容。保育所に加え、小学生を放課後に預かる学童クラブなどの設置も可能となる。

都市公園内での保育所設置は、待機児童の解消をめざす取り組みとして、公明党の東京都議ら地方議員と国会議員が連携して積極的に推進してきた。

太田昭宏全国議員団会議議長は国土交通相時代に、特区による規制緩和で公園内に保育所を開設する取り組みを積極的に推進。これを受け、東京都荒川区、品川区、世田谷区や、仙台市、横浜市、福岡市で公園内での保育所設置が始まっている。

今回の法改正も、石井啓一国交相(公明党)がこうした流れを継承したことで実現した。

都市公園内の保育所 全国で設置可能に

2017年4月29日

公明新聞 20170429 都市緑地法改正.jpg公明が推進 改正法成立 
東京・荒川区など先進例踏まえ

公園への保育所設置、全国で可能に―。国や自治体の都市公園内に社会福祉施設を設置できることを柱とする改正都市緑地法などが28日、参院本会議で可決・成立した。公明党の都議ら地方議員と国会議員が連携して積極的に推進してきた。

同改正法は、国家戦略特区だけに認められていた都市公園内への社会福祉施設設置を全国に適用する内容。公明党は、待機児童の解消をめざす取り組みの一つとして公園への保育所設置を重視してきた。

太田昭宏全国議員団会議議長が国土交通相時代、都市公園で保育所などを導入できる国家戦略特区の創設を推進する中で、東京都荒川区の西川太一郎区長をはじめ、地元の公明都議・区議と連携し、先進的な取り組みの一環として同区内にある都立汐入公園内への「にじの森保育園」設置を強力にサポートした。同保育園は今月1日にオープン、0~5歳児が入園。けいの信一党都本部青年局次長(都議選予定候補=同区)も2月に建設現場を視察した。

特区による規制緩和で公園内に保育所を開設する取り組みは、太田議長の国交相時代を起点として、東京都荒川区など6自治体で始まっている。こうした流れを石井啓一国交相(公明党)が継承し、今回の改正法成立へつながった。

今回の改正法では、市街化区域内の都市農地で税制上のメリットが受けられる生産緑地の面積要件も緩和。小規模な都市農地の保全や都市農家の税負担軽減を促す。

都政推進のエンジン役

2017年4月27日

公明新聞 長橋 170427.jpg豊島区で太田議長 長橋都議の支援を訴え

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は26日、東京都豊島区内で行われた長橋けい一都議(都議選予定候補=同区)後援会主催の「春のつどい」に出席し、「都政を前に進めるエンジンの役割を果たすのが都議会公明党。その中で頼りになるのが、長橋都議だ」と述べ、今夏の都議選勝利へ支援を訴えた。

太田議長は、2020年の東京五輪・パラリンピックの成功に、都政の安定が必要だと強調。その上で、「長橋都議は、長く都議会で要職を務め、都政の要役だ。文化と芸術の池袋、庶民が集う東京になくてはならない」と力説した。

会合では、石井啓一国土交通相(公明党)が、長橋都議が進める木密地域の不燃化対策や、池袋駅の東西連絡デッキの設置などを「連携して進める」と強調。小池百合子都知事は「議会改革のリーダー役として都議会公明党に頑張ってもらいたい」と、ビデオメッセージを寄せた。

長橋都議は、「東京の改革のために力を尽くす」と決意を述べた。

公明が都政改革の原動力

2017年4月16日

公明新聞 大松 170416.jpg大松(北区)氏 支援訴え
太田議長

東京・北区公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は15日夜、東京都北区で行われた党北総支部(総支部長=大松あきら都議、都議選予定候補=同区)の時局講演会に出席し、「政治は結果であり、一つ一つの仕事に結果を出す大松都議を応援してほしい」と訴えた。

この中で太田議長は、北朝鮮情勢など国際社会が不安定さを増す中、日本の首都である都政の安定こそ重要だと力説。その上で「都議会公明党が都政の頭脳として政策の中身をつくり、エンジンとして都政を前に進めていく」と強調した。

西田実仁参院幹事長は、児童手当の創設などに触れ、「都議会公明党が実現した東京発の施策は、首都圏へ、全国へと波及していく」と力説した。

大松都議は「素晴らしい東京、北区の構築へ全力を尽くしていく」と決意を述べた。

公明が都政改革けん引

2017年4月12日

公明新聞 八王子 170412.jpg東村氏勝利を訴え 八王子市で太田議長

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は11日夜、東京都八王子市で開かれた党八王子総支部(総支部長=東村くにひろ都議、都議選予定候補=同市)主催の「都政報告会」に出席し、7月2日投票の都議選勝利へ、絶大な支援を訴えた。

太田議長は、所得による教育格差の是正に向け、都議会公明党の推進で私立高校授業料の実質無償化を実現したことを強調。その上で、東京都が直面する課題を前に進めるため、「都議会公明党が都政改革をリードする、頭脳としての役割を果たすことが重要だ」と力説した。

東村都議は、製造業が集積する多摩地域の経済活性化へ、産業交流拠点を同市に整備することを紹介し、「八王子をさらに元気にするため、全力を尽くす」と決意を訴えた。会合には、高木陽介党都本部代表(衆院議員)らが出席し、あいさつした。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る