最新情報一覧NEWS

東北初、一戸建て復興住宅完成

2013年3月31日

相馬市0331 公明.jpg太田国交相が式典参加
原発被災地も視察
福島県


太田昭宏国土交通相(公明党)は30日、福島県入りし、相馬市で開かれた災害公営住宅(復興住宅)への入居開始を記念した式典に出席したほか、JR富岡駅周辺(富岡町)の被災現場などを視察した。公明党の甚野源次郎、今井久敏の両県議らが同行した。

まず太田国交相は、一戸建ての復興住宅として震災後に最も早く完成した相馬市の程田明神前団地を訪問し、「やっと住まいが見つかった」と喜びを語る入居予定者と懇談。式典では、「いまだ仮設住宅で不便な暮らしを余儀なくされている方々に新たな住まいを確保できるよう国として最大限支援する」と復興加速へ決意を述べた。

その後一行は、双葉町を通って東京電力福島第1原発事故の警戒区域を車中から視察するとともに、25日から避難指示解除準備区域となったJR富岡駅で、遠藤勝也町長から駅周辺の津波被害や、常磐線いわき―岩沼間の運転再開状況について説明を受けた。

これに先立ち太田国交相は、県庁で佐藤雄平知事と会談。佐藤知事から国道115号「相馬福島道路」の未着手区間の早期事業化や観光振興などを求める要望書を受け取り、「前向きに検討する」との考えを示した。

北海道主要道路の整備急務

2013年3月30日

高橋知事0330.jpg高橋知事が国交相に要望

太田昭宏国土交通相(公明党)は28日、国会内で北海道の高橋はるみ知事から、道内における主要道路の整備促進などに関する緊急要望を受けた。公明党北海道開発振興委員会の横山信一委員長(参院議員)と佐藤英道事務局長(衆院議員)が同席した。

高橋知事は、観光振興や防災面の充実を図るため、地域高規格道路「旭川東神楽道路」の整備促進や、老朽化が著しい国道227号中山トンネルの抜本対策の実施などを求めた。太田国交相は「検討していく」と答えた。


国道バイパスの整備促進求める

2013年3月30日

奥州市長0330.jpg岩手県奥州市長

太田昭宏国土交通相(公明党)は28日、国交省で岩手県奥州市の小沢昌記市長と会い、市の基幹道路である国道4号水沢東バイパスの整備促進に関する要望を受けた。公明党の渡辺孝男参院議員や地元市議が同席した。

小沢市長は、同バイパスが1985年度に事業化されているにもかかわらず、いまだ全線開通に至っていないことを指摘。「慢性的な渋滞の緩和などに不可欠」として、早期整備を求めた。

賃金単価を大幅引上げ

2013年3月30日

公共工事 被災3県21%、全国15%
国交省


国土交通省は29日、公共工事の予定価格算出における建設業の職人の基準賃金となる「公共工事設計労務単価」を、2013年度に東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)の全職種平均で前年度比21.0%増の1万6503円に、全国平均で同15.1%増の1万5175円にそれぞれ引き上げると発表した。

全職種平均の労務単価の公表を始めた1997年度以降、2桁台の大幅引き上げは初めて。

公共工事をめぐっては被災地を中心に労務費の高騰などのコスト上昇から、施工者が決まらない「入札不調」が相次いでいる。国交省は実態に合わせて労務単価を上げることで、公共工事の円滑な実施を図るとともに、若年層の就労を促すことで人手不足解消につなげたい考えだ。

被災3県の引き上げ率は、岩手が22.5%、宮城が21.1%、福島が19.4%。被災3県に関しては、入札不調の発生率の高さに応じて、年度途中でも労務単価を最大20%引き上げられる仕組みも導入。これにより被災地の労務単価は前年度比41%増まで上げることが可能となる。

太田昭宏国土交通相(公明党)は29日の閣議後会見で、「職人不足は深刻。今後の災害対応、インフラ更新のために適正な賃金を支払って人材を育てないといけない」と強調。建設業界団体などに職人に適正な賃金を支払うよう要請すると表明した。

高規格道路の整備促進を求める

2013年3月28日

愛媛県0328.jpg愛媛県副知事が太田国交相に

太田昭宏国土交通相(公明党)は27日、国交省で愛媛県の長谷川淳二副知事らから、県内の地域高規格道路である大洲・八幡浜自動車道の早期整備について要望を受けた。

公明党の石田祝稔四国方面議長(衆院議員)や山本ひろし参院議員(参院選予定候補=比例区)らが同席した。

長谷川副知事は、地域の活性化や地場産業の振興に向け、同自動車道の未着工区間となっている夜昼道路(大洲市―八幡浜市間)の来年度における新規事業化などを求めた。太田国交相は、地域の実情を踏まえ検討すると答えた。

また太田国交相は、愛媛、広島両県を結ぶ「西瀬戸自動車道」(瀬戸内しまなみ海道)の自転車などの通行料金無料化についても地元関係者から要望を受けた。

  • 1  2  3  4

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る