最新情報一覧NEWS

奄美の振興に全力

2013年11月30日

太田氏ら奄振法の延長へ群島首長から要望聞く
鹿児島・奄美市

奄美群島振興開発特別措置法(奄振法、5年間の時限立法)が来年3月で期限切れを迎えることから、太田昭宏国土交通相(公明党)は10日、鹿児島県奄美市(奄美大島)で群島の首長らから要望を受けるとともに、島特有の豊かな自然や黒糖焼酎の酒造所などを視察し、奄美振興への課題や展望を探った。これには、遠山清彦衆院議員と秋野公造参院議員、地元県議、市議らが同行した。

意見交換会には、群島内の1市9町2村の首長や議長らが出席。席上、朝山毅・奄美市長らは奄振法の延長・改正について、航路・航空路運賃などの軽減施策に活用できる交付金を含む総額272億円余りの国交省の概算要求が、政府予算に総額計上されるよう求め、「われわれも奄美の自立へ不断の努力を重ねていく」と訴えた。さらに世界自然遺産登録を見据えたインフラ整備などを求める声も上がった。

太田国交相は「中韓との外交や観光の面からも奄美は重要な位置にある」と述べ、奄振法の着実な延長・改正を約した。

この後、太田国交相らは観光名所の一つで天然の亜熱帯広葉樹が多数残っている同市名瀬の金作原原生林や、龍郷町の奄美大島酒造(株)で黒糖焼酎の精製過程などを視察。

『原生林や酒造所など視察し、課題探る』

手作りの野菜や果物を使ったジェラートを作る、いずみ農園(同市笠利町)では、泉祐次郎代表から「奄振法の中に(農林水産物)輸送コストへの軽減策があるように、島内で原料生産から加工、販売まで行う(6次産業の)個人経営者にも何らかの支援が欲しい」との要望が寄せられた。

さらに太田国交相は、情報通信技術(ICT)の関連企業に入居場所や設備などを提供するインキュベート施設「市ICTプラザかさり」も訪問。視察後、太田国交相は「貴重な自然や魅力ある観光資源だけでなく、時代に即応したICT産業の充実など奄美の持つポテンシャルは高い。今後も奄美振興に尽力したい」と語っていた。

道知事が幹線道路の整備で要請

2013年11月30日

太田国交相が応対

太田昭宏国土交通相(公明党)は27日、国交省で高橋はるみ北海道知事らと会い、高規格幹線道路の整備促進で要望を受けた。これには、稲津久、佐藤英道の両衆院議員、横山信一参院議員が同席した。

高橋知事らは、着工が凍結されている▽北海道縦貫自動車道の士別市多寄町―名寄間▽同横断自動車道の足寄―陸別町小利別間―の凍結解除などを求めた。

沖縄の道路整備で要望受ける

2013年11月29日

太田国交相

太田昭宏国土交通相(公明党)は28日、国交省で道路整備促進期成同盟会沖縄県地方連絡協議会の松本哲治会長(同県浦添市長)らと会い、道路整備の推進に関する要望を受けた。これには、公明党の遠山清彦衆院議員が同席した。

松本会長らは、沖縄では陸上交通のほとんどが道路交通に依存していると説明し、幹線道路ネットワークの構築や交通渋滞解消などの取り組みを強化する必要性を訴えた。

太田国交相は「生活にとって大事な道路の整備に全力を尽くす」と答えた。

砂防事業促進で国交相に要望

2013年11月28日

四国の首長ら

太田昭宏国土交通相(公明党)は27日、国交省で「四国直轄(吉野川・重信川・奈半利川)砂防事業促進期成同盟会」の岩﨑憲郎会長(高知県大豊町長)らと会い、砂防事業や地滑り対策事業の推進に関する要望を受けた。これには、石田祝稔衆院議員が同席した。

岩﨑会長らは、四国山地が急峻である上、全国有数の多雨地帯であることなどに触れ、土砂災害対策を強力に進めていく必要性を訴えた。

渋滞解消へ国道6号バイパスを整備

2013年11月26日

茨城県3市の要望に太田国交相

太田昭宏国土交通相(公明党)は11日、国交省で、茨城県の牛久市・つくば市・つくばみらい市交通体系整備促進連絡協議会(池辺勝幸会長=牛久市長)から、牛久市と土浦市とを結ぶ国道6号バイパス(総延長15・3キロ)の整備促進などに関する要望を受けた。

公明党の石井啓一政務調査会長(茨城県本部代表)のほか、地元市議らが同席した。

太田国交相は、慢性的な交通渋滞解消に向け、事業着手した牛久市内の同バイパス起点と都市計画道路「城中・田宮線」を結ぶ1・3キロ区間について「工事を始めたい」と答えた。  

  • 1  2  3

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る