最新情報一覧NEWS

信念貫く政治が必要

2012年11月26日

20121126.jpg太田議長、高木(陽)氏 風頼みでは改革できず
東京・足立区


公明党の太田あきひろ全国代表者会議議長(衆院選予定候補=東京12区)は25日、東京都足立区で行われた時局講演会に高木陽介党都本部代表(同=比例東京都ブロック)と共に出席し、「風頼みの政治家を追放しなければ、日本は変わらない」と訴えた。

太田議長は学校耐震化率が10年で飛躍的に向上したことや、区内の東武伊勢崎線・竹ノ塚駅の高架化事業がスタートしたことなどに言及。「信念を貫く政治をしなければならない」と強調した。

その上で民主党政権によるバラマキ政治を厳しく批判し、「景気・経済対策に取り組み続ける」と力説した。

会合では自民党の鴨下一郎幹事長代理、近藤やよい区長もあいさつした。

ハンセン病療養所 職員削減方針見直しを

2012年11月23日

20121123ハンセン病.jpg太田議長が要請受ける

公明党の太田あきひろ全国代表者会議議長(衆院選予定候補=東京12区)は22日、都内でハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長、全国ハンセン病療養所入居者協議会の神美知宏会長らと会い、国立ハンセン病療養所の職員増員について要請を受けた。

この中で神会長は全国の療養所入居者のうち、70歳以上が94%を占め、介護が必要な年齢になっていると指摘した。

また、後遺症による感覚まひから「"犬食い"のような姿勢で食事をするため、(食物が誤って気管などに入ることによる)誤嚥性肺炎で毎年多くの人が死亡している」とした上で、政府の国家公務員削減方針に言及し、「ハンセン病療養所だけは除外してほしい」と訴えた。

これに対し、太田議長はハンセン病訴訟の終結に公明党が主導的な役割を担ってきたことに触れ、「問題解決に信念を持って取り組み続ける」と決意を表明した。

成長へ観光振興は重要

2012年11月23日

20121123観光振興懇話会.JPG太田議長ら TPAの会合で強調

公明党の太田あきひろ全国代表者会議議長(衆院選予定候補=東京12区)は22日、都内で行われた観光振興懇話会(TPA、大島利徳会長)の会合に出席し、あいさつした。斉藤鉄夫幹事長代行(同=比例中国ブロック)らも出席した。

太田議長は尖閣諸島の国有化問題で日中関係が冷え込み、観光産業にも深刻な影響を与えていると指摘。「観光は最も大事なわが国の経済成長のポイントだ」と強調し、日中の関係改善の先頭に立つと訴えた。

斉藤氏は「日本の経済、文化、観光の発展へ全力で取り組む」と述べた。

"ブレない政治"を貫く

2012年11月19日

20121119時局.jpg小選挙区予定候補 太田氏が決意

公明党の太田あきひろ全国代表者会議議長(衆院選予定候補=東京12区)は18日、時局講演会で衆院選の勝利を訴えた。

太田議長は、高木陽介幹事長代理(同=比例東京都ブロック)と共に東京都文京区で行われた時局講演会に出席した。太田議長は、民主党政権の誤った「政治主導」が景気・経済と外交の混乱を生んだと厳しく批判した上で、今の政治には意思のブレない政党が必要だと強調し、「日本を再建することができるのは公明党だけ」と訴えた。

無責任政治に終止符

2012年11月18日

20121118ota.jpg小選挙区予定候補 太田氏が決意

公明党の太田あきひろ全国代表者会議議長(衆院選予定候補=東京12区)は17日、東京都北区のJR赤羽駅前で衆院解散後、初の街頭演説を行い、「景気・経済の活性化で日本再建へダッシュする」と決意を述べた。

太田議長は民主党政権発足後の公約違反の数々や外交政策の失敗などを厳しく批判。「ウソと無責任の政治を打ち止めにしなければならない」と力説した。

また、首都直下地震に備え、区内の岩淵水門の耐震強化など防災・減災対策に集中投資し「安全・安心の街をつくることが、景気・経済の活性化にもつながる」と訴えた。

  • 1  2  3

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る