最新情報一覧NEWS

待望のエレベーター

2018年5月31日

宇奈月.jpg観光地の駅、バリアフリー化
富山・黒部市

富山県黒部市にある富山地方鉄道宇奈月温泉駅で3月27日にエレベーター2基が設置され、待望のバリアフリー化が実現し、観光関係者や住民に喜ばれている。

今回の改修工事では、橋上駅舎になっている同駅の改札内側・外側にエレベーターを1基ずつ設置。トイレも洋式化したほか、多目的トイレ、5カ国語に対応した外国人観光客向け案内板が新設された。

同駅には1日当たり約1000人の観光客が訪れるが、これまでエレベーターがなく、高齢者やベビーカーを利用する親子にとって階段の上り下りが負担になっていた。

宇奈月温泉自治振興会の河田稔会長から、こうした実情を聞いた公明党の辻靖雄市議は、太田昭宏全国議員団会議議長らを通じ、国に対してエレベーター設置など同駅のバリアフリー化を求めていた。

その結果、国の補助金が活用できるようになり、県・市の補助金も活用して、富山地方鉄道が改修工事を行った。

駅前の商店兼飲食店で働く上田さちこさんは「観光客から度々、要望があった。長年の願いがかない、良かった」と語っていた。

宇奈月温泉駅①.jpg宇奈月温泉駅②.jpg

バリアフリー化など積極的に対応

2018年5月25日

民鉄協1.jpg民鉄協の会合で太田議長

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は25日、都内で開かれた日本民営鉄道協会(民鉄協、山木利満会長)の定時総会記念パーティーであいさつし、山木会長と懇談した。

席上、太田議長は、高齢化の進展や増加する訪日外国人観光客を踏まえ、「施設のバリアフリー化など現場での対応が大事になっている。時代の変化に対して積極的に取り組むことが必要だ」と指摘。その上で「今後も民営鉄道をバックアップしていく」と語った。

災害に強い国土づくりへ連携

2018年5月24日

測量・設計業の総会で

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、公明党測量設計議員懇話会の魚住裕一郎会長(参院会長)らは24日、都内で開かれた全国測量設計業協会連合会(全測連、野瀬操会長)の総会懇親会に出席した。井上義久幹事長らも出席した。

高齢化進む地域でも大きな役割

2018年5月19日

180519 公明新聞 JFA.jpgJFAで

公明党の山口那津男代表、太田昭宏全国議員団会議議長は18日、都内で開かれた、コンビニエンスストアなどの業界でつくる日本フランチャイズチェーン協会(JFA、中山勇会長)の懇親会に出席し、あいさつした【写真】。井上義久幹事長らも出席した。

釜山―博多高速船航路 「混乗」7月23日開始

2018年5月16日

14日、参議院予算委員会において公明党の秋野公造氏が質疑を行い、韓国・釜山―博多(福岡市)間で運航している高速船の国際航路について、途中で長崎県対馬市の比田勝港に寄港させ、国際線乗客と国内線乗客が相乗りする「混乗」の実現に向けた取り組みを聞いた。

石井啓一国土交通相(公明党)は、2015年4月に太田昭宏前国交相(公明党)と秋野氏が対馬市を訪れた際に、同市長らが求めていた経緯に触れ、「今年7月23日から運航を開始することを関係者間で合意した。国交省としても5月9日に九州運輸局で海上運送法に関わる認可を行った」と述べた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る