最新情報一覧NEWS

復興道路 早期開通へ

2014年4月26日

太田国交相が発表
2016〜18年度に9区間


太田昭宏国土交通相(公明党)は25日、閣議後の記者会見で、東日本大震災発生後に「復興道路」「復興支援道路」と位置付けて早期開通をめざしている、三陸沿岸道路や相馬福島道路などの9区間(合計約80キロ)が2016〜18年度にかけて開通する見通しと発表した。


このうち、三陸沿岸道路の山田―宮古南インターチェンジ(IC)、田老北―岩泉龍泉洞ICなど5区間(合計約42キロ)は、震災後の11年11月に事業化。通常ならば開通に14年程度かかる規模の道路だが、事業化から開通まで6、7年で達成となる予定だ。太田国交相は「復興加速に力を入れたいということの表れ」と述べた。


今回の決定によって、すでに開通した区間も含めると、復興道路と復興支援道路の総延長584キロの約6割に当たる327キロの見通しが立った。


太田国交相は「ゴールデンウイーク前に見通しを示すことによって、東北を元気づけたいという思いで発表した。さらに復興に実感が得られるように力を入れたい」と話した。


また、太田国交相は会見の中で、国が管理する空港の運営を民間に委託する地方空港の第1号について、仙台空港に正式決定したと発表。「他の空港の先行事例として大いに期待している」と述べた。仙台空港の委託先は、15年8月ごろに決め、16年3月までに委託する方針。

河川改修の促進で要請受ける

2014年4月26日

太田国交相


太田昭宏国土交通相(公明党)は25日、国交省で埼玉県東南部都市連絡調整会議(高橋努会長=越谷市長)から、中川・綾瀬川流域の河川改修促進について要請を受けた。公明党埼玉県本部代表の西田実仁参院議員が同席した。


高橋会長らは、両河川流域では昨年10月の台風26号で、床上・床下浸水の被害が1132件に上ったとして、「必要な箇所に排水ポンプなどを設置する必要がある」と強調。国交相は「この地域のことはよく分かっている」と応じた。

地下浸水対策など強化

2014年4月25日

地下水0425.jpg

国交省が避難計画案提示


国土交通省は24日、台風などによる水害対策を強化するために設置された「水災害に関する防災・減災対策本部」(本部長=太田昭宏国交相、公明党)の第2回会議を開き、同本部内の(1)地下街・地下鉄等(2)防災行動計画―の二つのワーキンググループ(WG)の「中間とりまとめ」について報告を受けた。


このうち地下街・地下鉄等WGは、地下施設が大雨や高潮で浸水する被害を防ぐため、地下施設に通じる出入り口がある建物に浸水対策や、利用者の避難計画作りを徹底する案を提示。


また、防災行動計画WGは、大規模な水災害による被害を最小化するためには、国、交通機関、市町村、住民による災害の発生を前提とした対応の強化が必要との観点から、時間軸に沿った防災計画(タイムライン)の策定案を示した。


席上、あいさつに立った太田国交相は「近年の水災害は局地化、激甚化、集中化という特徴がある。今年も河川が増水しやすい出水期が来るので両WGの案を直ちに実行したい」と語った。

岸壁の耐震強化が急務

2014年4月24日

太田国交相 国内有数の物流拠点を視察
愛知・三河港


太田昭宏国土交通相(公明党)は19日、愛知県東部の三河港(県管理)を訪れ、耐震補強工事が行われる岸壁などを視察した。これには、公明党の渡会克明県議と地元市議が同行した。


三河港は豊橋市、田原市、蒲郡市、豊川市にまたがり、自動車貿易を中心とした国内有数の物流拠点。特に、完成車の輸入では台数・金額ともに全国1位で、取扱量は世界でもトップクラス。その重要性から港内の耐震強化が急がれている。


こうした観点から太田国交相は、豊橋コンテナターミナルがある同港の神野西ふ頭(豊橋市)を視察し、今年度から耐震補強工事が始まる岸壁(延長260メートル)などについて担当者から説明を受けた。

くわえ候補「必ず勝つ!」

2014年4月21日

くわえ.jpg

27日投票の沖縄市長選 太田国交相、斉藤氏が応援

任期満了に伴う沖縄市長選(27日投票)は20日告示され、太田昭宏国土交通相(公明党)、斉藤鉄夫・党選挙対策委員長らが、新人で前県議の、くわえ朝千夫候補=公明、自民推薦、民主、維新、そうぞう支持=の応援に駆け付けた。

太田国交相は、沖縄県が国際観光拠点として「国家戦略特区」に指定されたことに言及した上で「大事なことは発想力があり、国や県と連携できるリーダーだ」と強調。「くわえ候補が勝てば、魅力ある市に"復活"するチャンスだ。皆さまの力を貸していただきたい」と訴えた。また、斉藤氏も「公明党の力を尽くす。何としても勝とう!」と力説した。

マイクを握った、くわえ候補は「沖縄市に活力を与え元気にさせたい。全身全霊で頑張る。必ず勝利でお応えする」と力強く訴えた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る