最新情報一覧NEWS

建築設備士の認知度向上

2018年6月28日

党懇話会が初会合 関係団体と議論

公明党の設備設計に関する議員懇話会(会長=石田祝稔政務調査会長)は27日、衆院第2議員会館で初会合を開き、建築設備の設計などを建築士に助言する建築設備士の役割などについて、日本設備設計事務所協会連合会(日設事連、西田能行会長)と意見を交わした。同懇話会顧問の太田昭宏全国議員団会議議長、北側一雄副代表らも出席した。

冒頭、あいさつに立った石田政調会長は、「皆さまの声を基に、必要な施策を具体的に進めていく」と強調した。

西田会長らは、建築設備士について「エネルギー消費効率の向上や防災・減災、地球環境保全などに取り組んでいる。社会的認知度をさらに高めたい」と述べ、より働きやすい環境づくりへの協力を求めた。

国の柱に「大衆福祉」

2018年6月28日

公明新聞 さいたま 180628.jpg太田議長 結果出す政治を強調
埼玉で矢倉氏の国政報告会

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は27日、さいたま市で党さいたま総支部(総支部長=上三信彰市議)が開いた矢倉克夫参院議員の国政報告会に出席。「全世代型の社会保障」が2018年度予算の骨格になっていることに触れ、「公明党が一貫して進めてきた大衆福祉が国の柱になった」と述べるとともに、未来をつくるのが政治家の役割だと力説した。

7月22日まで延長された今国会について、太田議長は、働き方改革関連法案や受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案などの重要法案の成立に全力を尽くし、国民のために責任を持って結果を出すと語った。

矢倉氏は、議員立法としてヘイトスピーチ(憎悪表現)の解消推進法の成立をリードし、被害者から感謝されたことを踏まえ、「未来への希望にあふれる社会を実現する」と訴えた。

安全・安心なハイヤー・タクシー守る

2018年6月27日

ハイヤータクシー 180627.jpg総会で太田議長、富田氏ら

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、ハイヤー・タクシー振興議員懇話会の富田茂之会長(衆院議員)らは26日、都内で開かれた全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連、川鍋一朗会長)の総会であいさつし、川鍋会長と懇談した。井上義久幹事長らが出席した。石井啓一国土交通相(公明党)もあいさつした。

災害時は"命の道"に

2018年6月25日

公明新聞 熊本 180625.jpg滝室坂トンネル 着工式に出席
熊本・阿蘇市で太田議長ら

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は24日、熊本県阿蘇市内で行われた「滝室坂トンネル(仮称)着工式」に出席し、くわ入れを行うとともに、工事現場を視察した。

江田康幸衆院議員、河野義博参院議員、城下広作、氷室雄一郎両県議が同行した。

同トンネル(約4.8キロ)は、熊本市と大分市を結ぶ中九州横断道路の一部となる国道57号滝室坂道路(約6.3キロ)の主要部分。2012年7月の九州北部豪雨の影響で斜面崩落した滝室坂地区の防災対策とともに、安全性の向上や物流の効率化、観光促進などが期待されている。

太田議長が国土交通相時代に熊本県の蒲島郁夫知事らから要望を受け、事業化していた。

視察後、太田議長は「熊本、大分両県の念願だったトンネルが着工してうれしい。災害時の"命の道"でもある。引き続き、早期開通へ後押ししたい」と語った。

消費変動に応じた対策を講じる

2018年6月22日

全国商店街振興組合連合会20180622.jpg全振連の会合

公明党の山口那津男代表、太田昭宏全国議員団会議議長は21日、都内で開かれた全国商店街振興組合連合会(全振連、坪井明治理事長)の創立50周年を記念する会合に出席し、坪井理事長らと和(なご)やかに懇談した。井上義久幹事長、北側一雄副代表らも出席した。

会合であいさつした山口代表は、来年10月に予定される消費税率10%への引き上げなどで消費に大きな変動が予想されると指摘し、「これらに動揺しない予算措置を講じたい」と語った。

  • 1  2  3

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る