活動ニュースNEWS

老朽化した下水道施設の更新は必要

2017年7月14日

協会の要望に党国交部会

公明党国土交通部会(部会長=佐藤英道衆院議員)は12日、衆院第2議員会館で日本下水道協会(大森雅夫会長=岡山市長)から、下水道事業の国庫補助制度の維持と来年度予算の確保に関する要望を受けた。同部会顧問の太田昭宏全国議員団会議議長が出席した。

席上、大森会長は、生活や経済を支える下水道事業へのさらなる財政支援を要請。佐藤部会長は、老朽施設の更新の必要性に言及し、「しっかり取り組む」と述べた。

トップへ戻る