活動ニュースNEWS

福島の建設業、観光後押し

2018年7月10日

公明新聞 福島 180710.jpg太田議長、若松氏 関係団体と意見交換

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は9日、福島県郡山市で開かれた党県本部(代表=若松かねしげ参院議員、参院選予定候補=比例区)主催の会合に出席し、国土交通行政と関係する4団体と意見交換した。若松県代表、真山祐一県代表代行らが同席した。

この中で、県建設業協同組合は、地域に貢献する企業に光を当てた競争入札制度の導入を提案。郡山商工会議所は、国道4号(同県鏡石町以南)の全線4車線化を求めた。郡山市観光協会は、福島空港と沖縄県の那覇空港を結ぶ定期路線の復活を要望。全国運転代行協会は、県内で深刻化する違法代行業者の取り締まり強化を訴えた。

太田議長は、「若松、真山の両氏や地方議員と連携して取り組む」と応じた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る