活動ニュースNEWS

地方と国 連携し政策実現

2019年3月 5日

千葉・八千代、金沢で時局
結果出す公明を訴え

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は3日、金沢市で開かれた、ますえ啓県議(県議選予定候補)、やち律夫県議(同)の両集会に相次いで出席し、あいさつした。

太田議長は「全世代型の社会保障の充実が政治の柱になったのは、公明党が結党以来、粘り強く進めてきたからだ」と力説。今後、人口減少や少子高齢化が急速に進むことに触れ「石川県の明るい未来を開くために、現場で住民の声を聞き、結果を出す公明党議員の存在が必要」と訴えた。

20190305_1_5.jpg

ますえ県議は、聴導犬の育成費助成などを実現したことを語り「誰もが暮らしやすい街をつくるため、全力で働く」と決意を述べた。

20190305_1_6.jpg

やち県議は、防災士養成講座の開催やドクターヘリ導入など自身の実績を報告。「皆さまの命を守る政策を進めていく」と抱負を表明した。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る