活動ニュースNEWS

「政治は結果」を貫く

2019年5月24日

20190524_1.jpg兵庫・尼崎で太田議長ら
高橋氏が力強く決意

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は23日、中野洋昌衆院議員、高橋みつお国際局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区、自民党推薦)と共に、兵庫県尼崎市で開かれた時局講演会に出席し、「現場を走り、政治で結果を出せるのは公明党」と訴え、夏の参院選の勝利へ絶大な支持を呼び掛けた。

太田議長は、全世代型社会保障について言及。認知症施策や就職氷河期世代への支援、10月から始まる幼児教育の無償化に加え、来年春に拡充される給付型奨学金などを実現してきたとし、「ここまでこぎつけたのは政策実現力がある公明党がいたからだ」と強調。

また、阪神・淡路大震災を経験し、外務省時代に紛争地帯などで人道復興支援に尽力してきた高橋氏の経歴に触れ「人道の高橋、世界の高橋、現場の高橋をぜひ勝利させていただきたい」と力を込めた。

高橋氏は就職氷河期世代への支援や兵庫への防災庁設置に向け「誰も置き去りにしない社会を築く」と力強く決意を表明。中野氏は公明党がアクセル役となり幼児教育の無償化などが実現したと強調。「さらに充実させるために高橋氏の勝利が必要」と訴えた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る