活動ニュースNEWS

ハンセン病患者家族への対応で要望

2019年7月 3日

20190703_8.jpg

太田議長らに原告団協議会

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長と高木美智代厚生労働部会長(衆院議員)は2日、東京都新宿区の党本部内で、ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会の竪山勲事務局長らと会い、要望を受けた。

竪山事務局長らは、6月28日の熊本地裁判決で、同病患者の隔離政策によって家族も差別などの被害を受けたとして国の責任を認め、損害賠償を命じたことに言及。この判決を確定させるため、国に控訴の断念を働き掛けるよう求めた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る