大地震の前兆をとらえた!.jpg中国・四川省の大地震、そして日本では昨年3月の能登半島、7月の新潟中越沖、今年6月の岩手・宮城地震と、地震は明らかに世界的規模で活動期に入っている。
どうして、来るといわれていた太平洋側の東海、東南海、南海地震が来ないで、阪神・淡路大地震のあと、福岡西方沖、鳥取西部、能登、新潟、そして今回のように、太平洋側ではなく日本海側で大地震が起きているのか。

木村さんは、空白域ということだけでなく、地震の目「サイスミック・アイ」(空白域の中に現われる異常活動域)という新しい概念で解明する。そして千葉県北東部を最も危険視し、2011年±4年と注意を喚起している。


太田あきひろです。

昨日(6月30日)、潘基文国連事務総長と会見いたしました。短時間でしたが、世界的な原油の高騰や穀物価格の高騰に、国際的にどう対応するか――まさに台風やハリケーンのような投機マネー等の猛威に対して、「国連として、是非力を発揮してほしい」と強く要請しました。

潘基文事務総長からは自らサウジアラビアに原油の増産を働きかけたことや、国連機関で、更に努力していくとの話がありました。また私は地球環境問題への日本の取り組みも説明し、あわせて「国連の機関を沖縄や広島・長崎に」と、公明党の主張も述べ、協力を求めました。

潘基文事務総長とは2度目の会見ですが、穏やかで、芯の強さがにじみ出て、かみあったいい会談ができました。

グローバリゼーションの今、国連の役割りはますます大きくなっています。

プロフィール

太田あきひろ

太田あきひろ(昭宏)
昭和20年10月6日、愛知県生まれ。京都大学大学院修士課程修了、元国会担当政治記者、京大時代は相撲部主将。

93年に衆議院議員当選以来、衆議院予算委・商工委・建設委・議院運営委の各理事、教育改革国民会議オブザーバー等を歴任、公明党前代表。元国土交通大臣、元水循環担当大臣。

現在、衆議院議員、党全国議員団会議議長、東京第12総支部長、首都直下地震対策本部総合本部長、現代中国研究会顧問など。

太田あきひろホームページへ

カテゴリ一覧

最新記事一覧

月別アーカイブ

上へ