活動ニュースNEWS

新時代の平和築く力に

2019年8月16日

公明新聞20190816.jpg各地で終戦記念日街頭演説会 

核軍縮 対話で道開く 
SDGs 国際社会に普及も 
山口代表、太田議長ら訴え

74回目の終戦記念日を迎えた15日、公明党は全国各地で街頭演説会を行い、先の大戦で犠牲となった方々に哀悼の意を表し、新時代の平和を築く誓いを新たにした。

東京都豊島区の池袋駅東口で山口那津男代表は、先の大戦に対する反省の下、「令和の時代の平和と安定を築くための新たな出発点としたい」と力説。そのために、「恒久平和と国際協調をうたった憲法の価値を継承していく」と訴えた。

また、太田昭宏全国議員団会議議長と高木陽介国会対策委員長(党都本部代表)もあいさつ。

太田議長は「世界は不安定化している。今、大事なことは粘り強い交流・対話をすることだ。対話を閉ざしてはならない」などと述べた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る