活動ニュースNEWS

首里城 観光支援に力尽くす

2019年11月21日

20191121_202202.jpg

売店経営者から窮状聞く
太田議長ら

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は20日、那覇市の首里城公園を訪れ、焼失した施設を調査したほか、同園内で売店を営む関係者と面会し、「首里城再建とともに観光支援に全力を尽くす」と強調した。県議と那覇市議が同行した。

太田氏らは、内閣府沖縄総合事務局・国営沖縄記念公園事務所の鈴木武彦事務所長の案内で、首里城南殿付近の高台に立ち、正殿など全焼した施設の焼け跡を一望。消防による検証作業の状況などを聞いた。

続いて、火災後の営業再開から2週間が経過した売店経営者から「11月は修学旅行が多い時期だが、キャンセルが相次ぎ、客足がほぼ途絶えている」との窮状を聞いた。太田氏は、「利用者の安全確保に留意した上で、多くの観光客が首里城に足を運べるよう、再建を後押しする」と述べ、地元議員らと連携し、支援に努める考えを示した。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る