活動ニュースNEWS

圧接、運転代行で要望受ける

2020年12月 2日

1011192.jpg

党国交部会

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長、国土交通部会(部会長=岡本三成衆院議員)らは1日、衆院第1議員会館で全国圧接業協同組合連合会(大場毅夫会長)から要望を受けた。大場会長らは、建設技能者の処遇改善について、ダンピング受注(不当な安値受注)が下請け業者へのしわ寄せにつながるとして、その抑止策の整備を要請した。

同部会はまた、全国運転代行協会の板橋勇二副会長らからも要望を受けた。板橋副会長らは、違法行為を行う業者が摘発されていない現状を指摘し、認定要件の厳格化などを求めた。

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る