政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO,71  水の貴さを社会に浸透!/水循環政策担当大臣に就任

2014年6月 6日

5月20日、初代の水循環政策担当大臣に任命された。今年3月に水循環基本法が国会で成立し、水の総合的政策の司令塔を担うものだ。この3月には、「国連水の日」(3月22日)の式典が都内で開催され、世界各国からの参加者を前に、私が日本の水に関わる思想や技術について基調講演を行った。また6月3日には、大きな水害を経験した全国の市町村長が集まり、「水害サミット」が開かれた。


この法律は、水循環(降った雨が地下に浸透し、河川を流れ、海に至って蒸発し、また雨が降るという一連の流れ)全体に初めて焦点を当て、今後の水政策を展開する上で基本となるものだ。


水は貴い。しかし日本では古来、水に恵まれたということもあってその意識に乏しく、"水も空気もタダ"という時代が長く続いた。しかし今や世界的な水の争奪戦が激化している。水循環担当大臣の役割は、水の貴さを深く、また具体的に浸透させることだと思う。


我が国は世界有数の多雨地帯であるモンスーンアジアの東端に位置し、年間降水量は約1,700㎜(世界平均の約2倍)。水は古から人々の営みに利用され、田畑を潤し、国民に大きな「恵み」を与えてきた。さらに最近は、小水力発電などクリーンなエネルギーを生み出す資源としての重要性も高まっている。


一方、降水量は地域的、季節的に偏っており、しかも地形が急峻なため降った雨は一気に川から海に流れる。特に近年は、水災害が集中化、局地化、激甚化している。さらに、都市の地下街など文明の進歩によってかえって脆弱性が増している。これに対する我が国の河川技術は、大きな特徴がある。古来より自然を力で制御するのではなく、「河川をなだめ」「自然と折り合う」という思想で努力と工夫が積み重ねられてきた。


水の「恵み」を活かし、「災い」から国民の命を守る――私はその先頭に立つという任を受けたわけだ。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る