政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO,72  東京の国際競争力強化へ飛躍/虎ノ門ヒルズと圏央道新区間が完成

2014年7月 8日

「世界の都市間競争を勝ち抜く」――首都圏の都市再生や環状道路について永年の懸案が打開され、さらに新たな動きが始まっている。

6月11日には虎ノ門ヒルズがオープン。地上52階建て、高さ247mのビッグプロジェクトが完成した。最新の機能と耐震性を備えたビルで、その地下には今年3月に開通した環状2号線が通る。これは、終戦直後の昭和21年に都市計画決定され、"マッカーサー道路"とも呼ばれていた道路。用地買収の難航で事業が進まなかったが、計画から68年経って実現したものだ。環状2号線はこれから晴海・有明の臨海部に伸び、都心と2020年のオリンピック・パラリンピック会場を結ぶ大動脈になる。さらに6月28日には、圏央道の高尾山IC・相模原愛川IC間(14.8㎞)が開通。東名高速道路と中央自動車道、関越自動車道が一気につながった。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る