政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO,73 個性ある地方創生へ本格始動/国土のグランドデザイン具体化へ

2014年8月12日

「個性あふれる元気な地方を創る」――人口減少に手を打ち、個性ある地方を創生していくための動きが始まっている。

急激な人口減少、少子化、高齢化により「地方が消滅する」という危機感を伴った指摘が最近よく聞かれる。国土交通省の推計では、国土を1㎞メッシュで区切ると、2050年には現在の居住地域の63%で人口が半分以下に減少、うち20%は無居住地化するとされている。今年の5月には、民間の有識者から成る日本創生会議が「消滅可能性都市」(2040年までに20~39歳の若年女性人口が5割以下に減少する都市)を発表。若年女性の減少と地方から大都市圏への若者の流出により、地方が消滅しかねないという衝撃的な内容だ。7月15日には全国知事会議が「少子化非常事態宣言」を決議。国も地方も今こそこの問題に全力で取り組まなければならない。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る