政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO.62 猛暑、集中豪雨、渇水の夏 / 「中山間地」「災害弱者」への対応急務

2013年8月25日

猛暑、集中豪雨、渇水の気候不順の夏となった。

まず猛暑。高知県四万十市では、4日連続で最高気温が40度を超え、8月12日には41度と、6年振りに国内最高記録を更新。東京都心でも、8月11日には観測史上初めて最低気温が30度を下回らなかった。全国で熱中症患者が続出し、死者まで出ている。

そして集中豪雨。7月28日の山口県と島根県の集中豪雨、8月8日から9日の秋田県と岩手県の集中豪雨では、気象庁が「これまでに経験したことのないような大雨」と発表した豪雨により大きな被害が生じた。8月12日には東京都内でも、ゲリラ豪雨により浸水・落雷の被害が発生。そのほかにも、山形、宮城、福島、静岡、新潟、石川、鳥取など多くの県で被害が生じている。東北地方では、震災復興に加えて豪雨災害からの復旧も進めなければならない事態だ。

その一方で渇水。利根川水系では雨が少ない状態が続いており、7月24日から10%の取水制限に入った。これは、平成8年以来17年振りのことだ。吉野川水系などでも取水制限が行われており、国土交通省では渇水対策本部を設置して対策を進めている。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る