政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO.8 社会と人間の劣化への反撃

2010年4月13日

「1900年台前半の50年は領土争覇の時代、後半50年は富の争覇の時代、21世紀はアイデンティ競争の時代だ」と松本健一氏はいう。21世紀が生命の世紀、人道の世紀といわれるゆえんだが、日本という国の形、日本人のアイデンティが問われている。宮台真司氏は「現代とは社会の底が抜けた時代」として日本の論点を示した。諸制度がことごとく劣化し、あわせて思考の粘着力を欠いた哲学の不在、人間の劣化が進んでいる。
  社会保障にしても、日本には見えざる社会保障がかつてはあった。家族が支え合い、地域が助け合い、そして企業もまた終身雇用のみならず社員の福利・厚生に心を及ぼした。しかし今、それは崩れ、さらに昨今の家族形態の激変、雇用形態の激NO.8 変のなかで追い討ちをかけられている。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る