政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO.25 地震・津波・原発事故の3つの危機――現実を直視し、大胆な対応を急げ

2011年4月 5日

東日本大震災は緊迫した状況が続いている。地震・津波・原発事故の三つの危機が列島を襲い、日本はかつてない打撃のなかにある。何としても克服し、日本再建・日本復興を果たさなければならない。

学生時代に耐震工学を専攻し、政治活動の柱の一つが防災であり、これまで地震・水害などの現場に直ちに入った私として、発災後、現地の視察を含め走り回ってきたが、今回、とくに踏まえねばならぬことがあると思う。ことの本質と現実を直視し、整理しないと対策は実らないと考えるからだ。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る