政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

太田昭宏の政界ぶちかまし☆81

2009年4月21日

シカゴ、リオデジャネイロ、マドリード、そして東京。2016年の夏季五輪招致に名乗りをあげる4都市の招致レースが大詰めを迎えつつある。開催都市の決定は今年10月。コペンハーゲンで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)の総会で決まるのだ。

開催都市決定の重要な判断材料になるのがIOC評価委員会が作成する評価報告書で、その作成に向けてIOC評価委員13人が来日し、16日から19日まで「東京」を視察した。東京都にとってアピールする絶好の機会だ。委員は都が作成した開催計画の説明を受けたり、各競技会場予定地を見て回ったりもした。

太田昭宏の政界ぶちかまし☆80

2009年4月 7日

雇用情勢がいちだんと厳しい。2月の完全失業率は4.4%と上がり、有効求人倍率は0.59倍、失業者は299万人となった。雇用対策は「雇用を維持する」「雇用(仕事)をつくる」「住む家を確保する」を三本柱にやってきたが、さらに強化しなければならない。

雇用対策はかなり打ってきたのも事実だ。先日も、改正雇用保険法を成立させ、雇用保険の受給資格について、雇用見込みを「1年」から「6カ月」に短縮した。失業手当を受給している人が69万人で、全失業者の4分の1程度という現状が改善されることになる。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る