政治コラム 太田の政界ぶちかましCOLUMN

NO.57 重要な防災・減災ニューディール 政治を変えて日本再建

2013年1月15日

新しい年を迎えた。今年は日本にとって重要な年になる。民主党政権の外交の失政、景気・経済への無策、東日本大震災の復興の遅れ、首都直下地震や東海・東南海・南海地震への無防備・・・・・・。中小企業も、一人暮らしの高齢者も不安のなかにある。いずれをとっても早急に建て直さなければならない課題が山積している。今年は巳年。巳は冬眠から醒めた蛇が地上に出て、目覚めが始まる、上向きに改善される年というが、まさに日本再建にダッシュしなければならない。

安倍政権は「景気・経済の再建」「被災地の復興」「防災・減災と危機管理」を重要課題としている。「景気・経済が変わってきたね」という声を聞く。経済に力を入れる政権であり、金融政策についても明確に動き始めたということが、間違いなく景気・経済へのメッセージとして伝わり始めている証左だ。これまで放置された円高・デフレ脱却は最重要だが、円安へと動き始めた。大事なことは、金融政策とともに、財政政策、産業支援政策、規制緩和等々、成長への具体的な政策を総動員することだ。その意味でも24年度補正予算、25年度予算の規模と中身が重要となる。まさに正念場だ。時間が限られているなかの予算編成だが、しっかり中身を吟味して作り上げなければならない。

  • 1

太田あきひろメールマガジン

太田へのご意見ご要望

facebook

Twitter

Youtube

トップへ戻る